眼の健康などの視力に関する情報発信

アーカイブ:2016年 10月

赤ちゃんが原因不明の高熱を出し、くちびるや目が赤くなったときには、川崎病?

5才以下の子どもに多く、特に1才前後の 発症が多いのが特徴です。 子ども100人に対して1人くらいが 発症するといわれている川崎病 症状や治療について調べます。 &nbs…

詳細を見る

スキーの回転競技では選手はどこ見てる?

目から情報を取り込み その情報に基づいて体を動かす。 サッカーやバスケットボールのように 敵味方が入り乱れる中であっと驚くような スーパープレーをしたり、 サッカーのPKを蹴ったり バ…

詳細を見る

子どもの片目、見えてる?簡単なチェック法を知りたい

子どもの片目が見えていないと大人になるまで 気がつきにくいのです。 発見されたときは手遅れになっていることが 多いです。 子どもの目のトラブルはどのように見ていったら よいでしょう? …

詳細を見る

子どもの近視は弱視の原因?対策法が知りたい!

乳児は小さい時は視力はまだ発達していません 目の機能は成長共にだんだんと 近くから遠くを見ることができるようになります。 そこで今回は子供の近視について 見…

詳細を見る

視力が必要なスポーツ、それほど必要ないスポーツ

視力が必要なスポーツ、それほど必要ないスポーツ スポーツにおいて視力は大事ですよね そこで視力の影響を強く受けるスポーツとは? それほど矯正を重視しなくてもいいスポーツとは? 調べて見ます。 &…

詳細を見る

近くも遠くも見えにくい遠視、赤ちゃんが近視より多い!

近くも遠くも見えにくい遠視 幼児期では近視よりも多いのです。 そこで今回は子供の遠視について 見ていきましょう。 (さらに…)…

詳細を見る

斜視は子供に多い?原因と治療法について

左右の目線がそろわない斜視 左右の視線がそろわず片方の目が別の方向 を向いている状態が斜視です。 今回は子供の斜視について見て行きます。 (さらに…)…

詳細を見る

弱視は片目だけ?両目もなるの?

病気ではなく、目の形に異常がないのに 何らかのトラブルで目の機能が発達しなかった ため、視力が低くなってしまったものです。 メガネなどで矯正しても0.04~0.3位しか 視力が…

詳細を見る

サッカーに必要な広い視野

サッカーに必要な広い視野 スポーツで必要な見る力 ・はっきり見えていること ・動くものを追跡して見ることができる ・広い視野があること ・瞬間的にぱっと判断できること サッカーに必要な広い視野について …

詳細を見る

立体視で距離感をつかむ、ボールもつかむ

われわれヒトには2つ目があるが 普段2つの目で見ていることを 意識したことはないですよね。 しかし実際には2つの目に映る映像を脳が 立体的な一つの像にしているのだ。 これが立体視である …

詳細を見る