眼の健康などの視力に関する情報発信

アーカイブ:2016年 10月

近視なのに老眼の症状があります。手元が見にくいです

近視の人は老眼にならないといわれますが 本当でしょうか 手元が見えにくくなってきました。 そこで近視と老眼について さらに目のストレッチ法についても 見ていきたいと思います。 (さらに…)…

詳細を見る

ドライアイの改善のため対処法を知りたい

ドライアイの改善のため対処法を知りたい 涙の量が減り質が変化することで起こるのが ドライアイです。 目の疲れや痛み、視力の低下などの症状が 起こります。 そこで今回はドラ…

詳細を見る

バスケットボールのフリースローのコツ

バスケットボールのフリースローのコツ 目から情報を取り込み その情報に基づいて体を動かす。 サッカーやバスケットボールのように 敵味方が入り乱れる中であっと驚くような スーパープレーをしたり、 サッカーの…

詳細を見る

赤ちゃんが原因不明の高熱を出し、くちびるや目が赤くなったときには、川崎病?

5才以下の子どもに多く、特に1才前後の 発症が多いのが特徴です。 子ども100人に対して1人くらいが 発症するといわれている川崎病 症状や治療について調べます。 &nbs…

詳細を見る

スキーの回転競技では選手はどこ見てる?

目から情報を取り込み その情報に基づいて体を動かす。 サッカーやバスケットボールのように 敵味方が入り乱れる中であっと驚くような スーパープレーをしたり、 サッカーのPKを蹴ったり バ…

詳細を見る

子どもの片目、見えてる?簡単なチェック法を知りたい

子どもの片目が見えていないと大人になるまで 気がつきにくいのです。 発見されたときは手遅れになっていることが 多いです。 子どもの目のトラブルはどのように見ていったら よいでしょう? …

詳細を見る

子どもの近視は弱視の原因?対策法が知りたい!

乳児は小さい時は視力はまだ発達していません 目の機能は成長共にだんだんと 近くから遠くを見ることができるようになります。 そこで今回は子供の近視について 見…

詳細を見る

視力が必要なスポーツ、それほど必要ないスポーツ

視力が必要なスポーツ、それほど必要ないスポーツ スポーツにおいて視力は大事ですよね そこで視力の影響を強く受けるスポーツとは? それほど矯正を重視しなくてもいいスポーツとは? 調べて見ます。 &…

詳細を見る

近くも遠くも見えにくい遠視、赤ちゃんが近視より多い!

近くも遠くも見えにくい遠視 幼児期では近視よりも多いのです。 そこで今回は子供の遠視について 見ていきましょう。 (さらに…)…

詳細を見る

斜視は子供に多い?原因と治療法について

左右の目線がそろわない斜視 左右の視線がそろわず片方の目が別の方向 を向いている状態が斜視です。 今回は子供の斜視について見て行きます。 (さらに…)…

詳細を見る