眼の健康などの視力に関する情報発信

アーカイブ:2016年 10月

視力の低下で見えづらいとケガや事故の危険もある

目がよくなれば事故やケガも防げるのです。 緑内障 緑内障を患っている人は 目が正常な人より自動車事故を起こす確率は 倍以上なのです。 緑内障は何らかの目のダメージで視野が 狭くなる病気です。 …

詳細を見る

実用視力が低いのはドライアイも関係している

視力は悪くないはずなのに 見えにくいのはなぜでしょう 瞬間的な視力に問題がなくても 連続的な視力が低い可能性があります。 この連続的な視力を実用視力といいま…

詳細を見る

良質の睡眠が目をよくする!寝る直前の習慣は?

良質の睡眠が目をよくする!寝る直前の習慣は? 睡眠不足は目のためによくないです。 十分な睡眠を取れていないと次の日目は 見えずらいではないでしょうか? 良質な睡眠とスマホの関係…

詳細を見る

ドライアイの改善のため対処法を知りたい

ドライアイの改善のため対処法を知りたい 涙の量が減り質が変化することで起こるのが ドライアイです。 目の疲れや痛み、視力の低下などの症状が 起こります。 そこで今回はドラ…

詳細を見る

赤ちゃんが原因不明の高熱を出し、くちびるや目が赤くなったときには、川崎病?

5才以下の子どもに多く、特に1才前後の 発症が多いのが特徴です。 子ども100人に対して1人くらいが 発症するといわれている川崎病 症状や治療について調べます。 &nbs…

詳細を見る

スキーの回転競技では選手はどこ見てる?

目から情報を取り込み その情報に基づいて体を動かす。 サッカーやバスケットボールのように 敵味方が入り乱れる中であっと驚くような スーパープレーをしたり、 サッカーのPKを蹴ったり バ…

詳細を見る

近くも遠くも見えにくい遠視、赤ちゃんが近視より多い!

近くも遠くも見えにくい遠視 幼児期では近視よりも多いのです。 そこで今回は子供の遠視について 見ていきましょう。 (さらに…)…

詳細を見る

サッカーに必要な広い視野

サッカーに必要な広い視野 スポーツで必要な見る力 ・はっきり見えていること ・動くものを追跡して見ることができる ・広い視野があること ・瞬間的にぱっと判断できること サッカーに必要な広い視野について …

詳細を見る

立体視で距離感をつかむ、ボールもつかむ

われわれヒトには2つ目があるが 普段2つの目で見ていることを 意識したことはないですよね。 しかし実際には2つの目に映る映像を脳が 立体的な一つの像にしているのだ。 これが立体視である …

詳細を見る

視力の低下は中学生のころに起きる

視力の低下は中学生のころに起きる 視力の低下は統計的に見ると 中学生のころに起きることが 多いのである。 これは勉強時間が長くなり 近くを見ることが多くなることが 原因の一つである。 …

詳細を見る