眼の健康などの視力に関する情報発信

角膜内皮障害 の検査で予防しよう!やはりコンタクトのつけっぱなしはダメですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「ちょっと何やっての」

「何?いきなり」

「コンタクトレンズはちゃんと寝るときははずしなさい」

「えっ、どうして」

「コンタクトレンズ使用で目の黒目が酸欠になるのよ」

「酸欠になるとどうなるの?」

「角膜内皮障害という病気になるのよ」

「だから 気をつけなさい!」

「でも、角膜内皮障害って?どんな病気?」

「えっと・・・わかんない・・」




はい。

では今回は角膜内皮障害について解説していきます。

スポンサードリンク





角膜内皮障害とは



注目されている重症のコンタクトレンズ障害です。



コンタクトレンズは角膜から空気を遮断してしまうのです。
343568
それにより角膜の内側の細胞が酸欠になり
少しづつ減っていってしまうのです。



それが角膜内皮障害です。



角膜内皮障害になると

角膜は透明でなくなります。


最悪失明の危険性もあります。



角膜内皮障害の検査



角膜内皮細胞は二度と

増えることはないのです。




だからこれ以上減らさないために

検査が必要です。




検査には専用の機械が必要になります。



スペキュラーマイクロスコープ

と言います。



設置していない眼科もあるので

受診の前に確認したほうがいいですね。






角膜内皮障害の予防



連続使用は絶対やめてください。

使用期限は守ってください





ソフトコンタクトレンズは使い捨てタイプ


ハードコンタクトレンズは酸素透過性のもの


やはりメガネも使用したほうがいいですね。

094252

コンタクトのつけっぱなしはダメ


スポンサードリンク



「きのうコンタクトしたまま寝たから 痛い」






絶対にやめてください

c7ab02dd34797669a2a6a19fd6db8c7e_s

まとめ




コンタクトレンズ使用による酸欠で
細胞が死んでいく。


死んで減っていくと
最悪失明の危険もあります。





コンタクトレンズは清潔に

使用上の注意をよく読んで

正しくお使いください




またコンタクトの危険性について
話しましたが
正しく使っていれば心配は要りません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。