眼の健康などの視力に関する情報発信

VDT症候群って何?原因と症状について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly







あなたはVDT症候群という言葉を聞いた事がありますか?



パソコンなどのようディスプレイやキーボード等で構成され


ているものをVDT(ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル)


といいます。



その機器を使用した作業や、画面を長時間見続けることで


目や体、心に支障をきたす病気をVDT症候群というのです。




今回はそのVDT症候群の原因や症状について調べました。

スポンサードリンク





VDT症候群の原因

ddd3dad613828f087d6aaaa8edf03129_s


パソコンなどの作業を長時間続けると目は疲れます。


それに、椅子に長時間座ったままでいると、血行不良や腰痛

などの原因に。


キーボードのタイピングにより、腕や手首の痛みや手指のしびれ

が起こります。


情報処理スピードや高度な判断を要求されるので、精神的ストレ

スです。




VDT症候群の症状

07bfb06d377c575bc8b12bfd77a13794_s


目の症状


目が疲れる

目の痛み

目が乾く

目がかすむ

物がぼやけて見える

視力が落ちる

などの症状があります。


スポンサードリンク




体の症状

肩がこる、

首から肩、

腕が痛む、

だるい


などの症状が起こります、



精神の症状


イライラ

不安感をまねく

抑うつ状態になったりします。





VDT症候群の予防と対策

084962


1時間作業したら10~15分は休憩をとりましょう。


ときどき適度に身体を動かして、緊張をほぐしましょう。


メガネ、コンタクトレンズは度の合ったものを使いましょう。


異常を感じたら、早目に眼科医に診てもらいましょう。




VDT症候群対策の理想的環境





パソコン画面と目の距離は、40センチ以上あけます。


画面の角度は、視線がやや下向きになるよう。


画面が反射しないようにディスプレイを置いたり


反射防止のディスプレイを使う


照明は室内ができるだけ明暗のコントラストがないように


さらにまぶしく感じないようにします。



室内の乾燥に注意する。


まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
VDT症候群について調べました。



原因は長時間のVDT作業による目や体の疲れ、ストレス

による病気であることが分かりました。



対策として疲れたら休む、こんな簡単なことで防げる病気

です。



しっかりとした自己管理が大事ですね。




それでは、最後まで読んでくださって



どうもありがとうございました!^^





よろしければシェアやコメント等




してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。