眼の健康などの視力に関する情報発信

目の仕組みとは?これが目のメカニズム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



今回はものが見える仕組みの、各器官のついて説明します。

スポンサードリンク





角膜


d697099129490bc74ba9bba191f88225_s
眼球の一番手前にある透明な円形の膜。



血管はないのです。




そのため涙などから栄養を受けるというシステムになって

いるのです。



また角膜は身体の表面で、もっとも痛覚のびんかんなとこ

ろです。



光を目の中へ入れてあげることが角膜の働きです。



ものをしっかり視覚 情報として認識するためには、網膜で

像を得る必要があります。





角膜の働きとは、光の 情報を網膜の上にぴったりと集束さ

せる、屈折させることです。




虹彩




カメラにたとえると、いわゆる、絞りにあたる部分です。

瞳孔といわれているのがこの虹彩です。



ここは角膜とは違って血管がたくさん走っているのです。



普通は白人は色素が少なく碧眼になり、

着色人種は色素が多く褐色になっています。



虹彩は、明るさや視線が1か所に集中し混雑するようす



感情の変化などにより開いたり閉じたりします



水晶体

615f41e0921f6d3ae67492dab653faf3_s

レンズともいいます



眼球の前半部分にある、透明な器官です。



毛様体などの収縮。弛緩によって入ってきた、光の屈折の


調節をします。



それはピントを合わせることです。

水晶体は外から入ってくる光を屈折させ,網膜に像をうつす

という重要なレンズの役割を はたしています。


また,単に光を屈折させるだけでなく,目にとって害のある


紫外線を 吸収し,

紫外線が網膜に達するのをふせいでいます。




毛様体




毛様体筋と血管網、色素からできている筋肉の塊です。



水晶体を引っ張ったり、緩めたりして、水晶体の暑さを


調節します。



硝子体

cd20b49a34e25d68ad4089dc1fb0b432_s

眼球の中身。



無色透明で、卵の白身より少し固めの流動体です。



近視が強くなると、硝子体がにごり、さらに視力が低下

するのです。




網膜





角膜、水晶体、硝子体と通ってきた光が像を結ぶ透明な

膜です。

網膜は光(視覚刺激)を感じ取り、それを視覚情報に変換

するという重要な役割をもっています。


視覚情報が視神経から脳へと伝えられて初めて、私たちは

物が見えるのです。



黄斑





網膜の真ん中にあり、


もっともピントがある部分です。


網膜のほぼ中央でやや黄色みを帯びている丸い部分。

視覚にあずかることが最も多い。


中央のくぼんでいるところを中心窩といい,色の識別能

および視覚感度が特に高い



視神経




網膜と脳を結ぶ神経が視神経



乳頭




視神経と網膜を結ぶところが乳頭。



視神経のもっとも大切な部分の一つです。







それでは、最後まで読んでくださって



どうもありがとうございました!^^





よろしければシェアやコメント等




してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。