眼の健康などの視力に関する情報発信

風邪を引いたら目やにが増えました。なぜ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


風邪を引いたときってなぜか目やにが増えていることは



ありますよね。



どうしてでしょうか?



今回は風邪と目やにの関係について調べました。

スポンサードリンク








目やにとは



目やにには目の代謝活動でつくられる目やにと目の炎症



反応でつくられる目やにがあります。




代謝活動でつくられている目やには、皮膚の垢のような、

生理的な分泌物です。



また目のゴミをくるんで外に出す働きがあり、代謝により


角膜・結膜から剥がれ落ちた古い細胞などが含まれています。



目の炎症反応の目やには、細菌やウイルスなどの異物が目に


侵入したときに、免疫反応の1つとして目やにが出ます。


これは、体内の白血球によって、取り込まれたり分解された


りした異物が、体外に排出されたものです。


風邪を引いているときの目やに





これは鼻水と関係しています。



人は風邪を引くと鼻水が出ますよね。



この鼻水が目に出て目やにが生じることもあります。





さらに目に風邪の細菌が侵入したことで炎症を起こし、目やに



が出ることもあります。これは、目にある細菌を出そうとする


働きが起きているからなのです。




目やにのケア





風邪が治ることで目やにも落ち着くでしょう。




目やにには雑菌などが含まれているので、放置しておくと目が


炎症を起こしたり、目の表面を傷つけたりする恐れがあるので、


きちんとケアをしてあげることが大切です。




目やにが出たら、清潔なガーゼや清浄綿をぬるま湯で湿らせてから


よく絞り、やさしくぬぐってあげてください。



強くこすると皮膚を傷つけてしまうので、ふやかしてから拭いて


ください。


まとめ


6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
目と鼻がつながっているので風邪を引くと鼻水が目やにの原因に

なる

風邪の菌が目に入って炎症をおこし目やにが出る



今回は風邪と目やにの関係を調べましたがいかがでしたか?

それでは、最後まで読んでくださって



どうもありがとうございました!^^





よろしければシェアやコメント等




してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。