眼の健康などの視力に関する情報発信

3Dで視力回復、立体視の2つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

立体視を行うことで視力回復の可能性があります。



さらに脳が活性化するといわれています。



こんな効果があるなら利用しましょう。


スポンサードリンク





立体視の2つの方法




まず交差法です。

右目で左側の対象を眺め、左目で右側の対象を眺める

ようにします。

練習方法として

・画像と眼の中間付近に指を1本立てる。
・より眼にするような感じで指先を見る。
・視線はそのままで指を抜く。
・うまくいくと像が3つ並ぶように焦点が合う。
・慣れると指がなくても可能である。



kurosu
交差法で見ると文字が浮き出ます。

そして平行法

目を寄せないようにして、できるだけ遠いところを見る

ことからはじめます。

平行法の練習方法

・目から力を抜きぼんやり見るような感じで焦点を画像に合わせないようにする。
・画像が段々ぼやけてくるのでさらにそのままぼんやり見る。
・ぼやけた像が中央へと近づいてくる。
・中央へと来た像が融合して立体的に見える。
・2枚の画像が重なるまで目を画像に近づけてからゆっくりと引くと合わせやすい。


para
平行法で見ると文字が浮き出ます。

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
うまく見えない人や

文字が沈んで見える人は目線をコントロールすること自体がうまく

できていないが、「脳が解釈をする」ことがうまくできていない

です。

力まず 肩の力を抜いて気楽にやりましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。