眼の健康などの視力に関する情報発信

中心視野と周辺視野とは?2種類の見方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly




ものの見え方


343568
スポンサードリンク





眼球に入った光の情報は、水晶体というレンズを通って

網膜に投影されます。



このとき、眼球の筋肉は、見たいと思う対象から光の

情報が両目にきちんと届くように調節します。



うまく筋肉が調節されると、光の情報は網膜のもっとも

鋭敏なところに届き、識別しやすくなります。



この光の道筋を目線と呼ぶのです。



黄斑とは

084962


網膜は球面状に広がっています。


その網膜の鋭敏な領域を「黄斑」と呼びます。



なぜ「黄斑」と呼ばれているのでしょう?




それは網膜を眼底鏡でのぞいてみると、そこが黄色く

見えるからです。



黄斑は非常に狭い領域ですが、視細胞が網膜のほかの領域

よりも高い密度で分布しているので、黄斑では対象を

より細かく識別できます。



これで、ものを見るときは、無意識に眼球を動かして

見たい対象の映像がちょうど黄斑にくるように自動的に

調節しています。





中心視野

icon175x175


黄斑の部分でものを見ることを、「中心視野で見る」と

呼びます。



意識してものを見るとき、テレビや普通の読書の際の

日常生活で意識的に使用するのが中心視野です。



この中心視野の特徴は、一点を凝視して見る事で

色や形を正確に捉えることができるのです。



スポンサードリンク



周辺視野

94b5f1c385b55a5ef5e63b51f8f7122a_s

黄斑以外の部分でものを見ること

風景を眺めたり、コップをを持ち上げるなどといった

動作の時に無意識でみている状態。




これは、視野の周辺部の広い範囲の動きや位置を漠然

と捉えることができるので一度に得られる情報量が多い

が色や型を捉えているだけできちんとした認識はない

動いているものに対しては反応が早いのが特徴である。




目に余計な力が入らないので目の疲労度が少ない




まとめ


6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s

小さい活字を一字一字読む時は主に中心視野を用いています。



それに対して広がった風景を何気なく見ているときは

主として周辺視野を用いているのです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。