眼の健康などの視力に関する情報発信

視力と脳の発達の関係、視力が回復するとどうなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「見える」とは、目で見た情報が視神経を通じて


脳に送られ、そこで映像化されること。




今回は目と脳の関係について見ていこうと思います。




スポンサードリンク



目と脳は関係があるのです。


見えるメカニズムとは


343568

「ものが見える仕組みって、よくカメラにた

とえられますよね?。」




そうですね、仕組みは似てますね。




カメラは光がレンズを通り、フイルムに像と

して焼き付けられます。




そのときピントを合わせるためにレンズを

前後に移動させます。



目も同様で、光が角膜と水晶体を通って網

膜に像を映し出すのです。



網膜に届いた信号が脳に送られ、見えるこ

とになります。



視力と脳の関係

368933



「目が悪くなることが脳に関係しているの?」




視力が低下するとものがハッキリと見えなくなるので

目からの脳に伝わる刺激の量も減ることになります。




脳に送られてくる情報は色、形、大きさ、状態、位置

などで、これらを関連させて、認識、理解しているの

です。


視力の回復と脳の発達

ad0c434baa99cf6dee461ac4c6840ba1_s


視力がいいと言うことは、見えているものの情報が


くっきりとしたものであれば、脳に送られる刺激が


増えて伝わり、脳が発達するのです。




「脳の発達って子供だけのこと?」




脳の発達は子供に限ったことではなく、大人の


場合も視力が改善されれば脳への刺激が高まり


脳は発達するのです。




脳はいくつになっても発達します。

スポンサードリンク




視力が回復してやる気が出たとか



集中力が増したなど大人の視力回復は、脳が


活動的な行動をとるようになるケースが見ら


れます。


「目のよく見える人に、ボケる人はいない」と

いわれています。





目だけでない、脳でも見ている





「脳でも見ている」



これはどういうことか分かりますか?

物を見ると言うことは、目で見た像は網膜で

電気信号に変換されます。

その電気信号は視神経を通って、脳に伝わり

ます。

脳でその信号は映像化されて初めて見えたと

いうことになります。


つまり物が見えるのは、目だけの作業ではあり

ません。

つまり目に映った映像も脳が働いていないと

見えたことにならないと言うことです。

ボーっとしていたら顔見知りに気が付かなか

った、とか

目の前のものがなかなか見つからなかった。

とか

字の読み間違いなど、

そういうことは誰でもあるはずです。

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s




■目と脳は大いに関係がある。




■視力が回復すると脳が発達する



今回に見てきて、脳の発達にはものがきちんと見える

ことが大切だとわかりました。



ものがハッキリと見えるといろいろなことに興味が

出てきますね。



それでは、最後まで読んでくださって




どうもありがとうございました!^^




よろしければシェアやコメント等



してくださると幸いです◎


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。