眼の健康などの視力に関する情報発信

50歳になってものがゆがんで見える、これは病気ですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

中高年になってものがゆがんで見える、


これは加齢が原因の目の疾患の一つで

加齢黄斑変性が考えられますね。


あまり聞きなれない病名ですが、失明

の可能性も考えられる深刻な病気です。


今回は加齢黄斑変性の基礎的知識を中心に

解説していきます。


スポンサードリンク



 



加齢黄斑変性とは

084962


人や物を見分けにくくなったり、文字が

読みにくいなどの症状があります。




初期症状として


見たい部分がゆがんで見える。



進行期になると


視力の低下

全体的に不鮮明に見えます。

見たい部分が暗くなって見えるなどの

症状があります。



目の構造と仕組み

343568



ものが見える仕組みは、カメラにたとえられ

ます。



カメラは光がレンズを通り、フイルムに像と

して焼き付けられます。



そのときピントを合わせるためにレンズを

前後に移動させます。



目も同様で、光が角膜と水晶体を通って網

膜に像を映し出すのです。



網膜に届いた信号が脳に送られ、見えるこ

とになります。



加齢黄斑変性の原因





詳しい原因はわかっていませんが、

喫煙や食生活に関係が深いです。




加齢黄斑変性の種類

8f64401ecbbca5a7e0df29acb57eaf15_s

滲出型

眼球には外側の膜とその内側の膜の間に

脈絡膜と言う膜があります。


この膜の毛細血管の一部に新生血管という

異常がある血管が現れ、それが網膜に伸びて

きます。


この新生血管はもろくて弱いので、かんたんに

破れて出血したり、血液中の成分が漏れ出して

黄斑が腫れ、視野の中心がゆがんで見えたり、

かけて見えたりします。



これは日本人に多く比較的に進行が早いのが

特徴です。





萎縮型

網膜の細胞が加齢によって変性し、老廃物が

たまってくると栄養不足になりその結果、

徐々に萎縮していきます。

進行が緩やかのため、自覚がない人がほとん

どです。




加齢黄斑変性の治療法

331017

抗血管新生療法

われわれの体の中には脈絡膜新生血管の成長を

活性化させるVEGFと言う物質があります。

このVEFGの動きを抑える薬剤を眼内に注射

することにより新生血管の増殖や成長を抑制する

治療法です。




光線力学的療法

光に反応する薬剤を体内に注射した後に、

患部にレーザーを照射する治療法です。

弱いレーザーによって薬剤を活性化させ、網膜

へのダメージを抑えながら、新生血管を小さく

させる治療法です。

スポンサードリンク






レーザー光凝固術

新生血管をレーザーで焼き固める方法です。

正常な組織にも影響を与えてします可能性が

問題です。



加齢黄斑変性の予防

368933



食生活の見直しや、適度な運動を心がける

禁煙、などで予防できます。


生活に気をつければ予防できます。


サプリメントは加齢黄斑変性の予防にも

効果があるのです。↓↓

【ファンケル】通販限定!今なら合計4週間分でお試し1,000円!




まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s



加齢黄斑変性について解説してきました。


症状として

ゆがんで見える

視野が不鮮明

などですね。



加齢黄斑変性の2種類あり

滲出型と萎縮型である。





加齢黄斑変性の予防だけでなく生活習慣病

の予防も同様に普段の生活に気をつけたい

ですね。




それでは、最後まで読んでくださって


どうもありがとうございました!^^





よろしければシェアやコメント等


してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。