眼の健康などの視力に関する情報発信

飛蚊症は老化現象?黒い点がはっきり見える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

飛蚊症は老化現象?黒い点がはっきり見える

見え方に異常はありませんか?



明るいところや、白い壁、青空など

を見たとき、目の前に虫や糸くずな

どの浮遊物が飛んでるように見えた

ことはありませんか?



あなたも、一度は経験しているで

はずです。




目をこすっても、、まばたきしても

消えることはなかったでしょう。



このような症状が飛蚊症です。

スポンサードリンク






浮遊物の正体

dd49e0bbb1e700ad1f7a4189e298da6d_s


眼球の大部分は硝子体と呼ばれる透明な

ゼリー状の物質です。




角膜と水晶体を通してそとから入ってきた

光はこの硝子体を通過して網膜まで達します。



しかし硝子体が濁ってしまうと、明るい所



を見たときにその濁りの影が網膜に映り



虫や黒い点に見えるのです



飛蚊症は老化現象

ad0c434baa99cf6dee461ac4c6840ba1_s



加齢によって硝子体はゼリー状から

液状に変化します。



これにより硝子体は収縮して網膜から

はがれてきます。



この状態が飛蚊症の症状をもたらします。


加齢による飛蚊症は、治療の必要はなく


うっとうしさは感じますが、すぐに

慣れてくるので問題はないです。

飛蚊症の症状の変化

368933


浮遊物の数が増えたり形が変わったり

そして視力が落ちてきたら要注意です。



硝子体出血
糖尿病や高血圧、外傷などにより眼底で

出血が起こり、その血液が硝子体に入ると

突然に飛蚊症の症状を感じたり、目の前が

赤いカーテンを引いたような感じがします。

出血が少なければ自然に治りますが

出血が多いと手術を行います。

スポンサードリンク





ぶどう膜炎

目のぶどう膜に細菌やウィルスが進入したり

目のアレルギー反応により炎症が起こると

血管から白血球が硝子体に入り込み、飛蚊症

の症状を起こします。



網膜裂孔・網膜剥離

硝子体剥離やそのほかの原因で網膜に穴が開

いたり、その穴を中心に網膜がはがれてくる

ことがあります。


このような状態になると目の前の浮遊物の

数が急に増えて見えます。


放っておくと失明の可能性もあります。

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s


ほとんどの飛蚊症は病気ではないが、

思いがけない病気が潜んでいる場合が

あります。



症状を感じたら早めの受診が必要です。




ただしい飛蚊症の知識は大切ですね



それでは、最後まで読んでくださって


どうもありがとうございました!^^





よろしければシェアやコメント等


してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。