眼の健康などの視力に関する情報発信

涙はどこから来てどこへいく?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

涙はどこから来てどこへいく?



「読書やパソコンで作業などを



するとまばたきが少なくなって



目が乾くのは本当ですか?」



精神を集中させて小さな文字を


追ったりパソコン画面を見続ける


とまばたきの回数は3分の1に


減ってしまいます。




これでは目は乾いてしまいますよね。




今回は目に重要な涙のお話

スポンサードリンク





涙の流れ

377423

涙はまぶたの外側あたりにある

主涙腺で作られます。



そこから流れて目の表面を

潤して涙は目の内側にある

小さな穴に流れていきます。



そして鼻へと流れます。




まばたき

085938


まばたきは涙のポンプの役目

まばたきをするたびに、目の

表面に一定量の涙が送り込まれます。




普通に状態では1分間に20から

30回ほどの瞬きをします。




そして目の表面をリフレッシュさせ



ているのです。




涙の働き





目は傷つきやすく弱いので涙が

ばい菌や異物から守ってくれるのです。



さらに角膜へ酸素や栄養素を届ける役目

があります。




涙が作る目の膜

139352



涙の膜は、「油層」「水/ムチン層」

「膜型ムチン」と言う構造です。




涙は1000分の7ミリのほんとに薄い膜

です。




この中で「油層」は涙の蒸発を防ぐ


役目、「膜型ムチン」は涙が流れ


落ちないように目の表面に粘着する


のりのような役目です。


スポンサードリンク




涙が減ると






涙が減ると角膜の上に

「ドライスポット」

と言う乾燥した部分ができます。




普通ならまばたきで目の表面を

潤せるのですが

涙の量や質が変わるとまばたきを



してもこのドライスポットは残った

ままになり、やがて角膜が露出して

きて角膜の障害が発生することに

なってきます。




まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s




涙の重要な役割について

解説してきました。




・まばたきをするたびに、目の

表面に涙が送り込まれ目の表面

をリフレッシュさせる。





・涙はばい菌や異物から守ってくれる





・涙が減ると角膜の障害へと

つながる





でしたね。



今回の記事で涙の重要さが

わかりました。



目を守るのは涙の役割

涙を守るのは個人の役目



と言うことを理解し

正しい知識をつけることは

大切なことですね。




それでは、最後まで読んでくださって



どうもありがとうございました!^^



よろしければシェアやコメント等



してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。