眼の健康などの視力に関する情報発信

新生児涙嚢炎の症状が出たら治療法は手術しかないのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

結婚して初めて授かった

わが子・・

どんな病気になっても

心配ですよね。


スポンサードリンク





新生児涙嚢炎とは


涙は涙腺でできて、目の表面を潤し

目頭の小さな穴に吸い込まれます。




吸い込まれた涙は細い管(鼻涙管)

を通って鼻の奥へと流れるのが普通です。



しかしこの管が詰まったまま

生まれてくる赤ちゃんがいます。




これが先天性鼻涙管閉塞




涙が鼻に流れていかないので

目にたまります。





涙がうまく流れないため、この管のなかで

細菌感染を起こすことがあり、これが新生児涙嚢炎です。




「赤ちゃんは泣くのが仕事だから
家ではなかなか分からないよ」


ですよね。




新生児涙嚢炎の症状




「この子目やにが多いな」

とか

「ふいてもふいても涙がたまるなぁ」


などの症状が出ていたら要注意です。




生まれつき管が詰まった赤ちゃんでなくても

正常な赤ちゃんでも新生児涙嚢炎になることはよくあります。


新生児涙嚢炎の治療方法は?





「目やにがたくさん出てるよ」

「じゃあガーゼをお湯に浸してふいてあげて」

「うん、よかったおさまってきたよ」



これなら何も心配要りません。





もし新生児涙嚢炎と診断されたら、




治療法は涙嚢に水を通し、



鼻涙管が通るようにします。





この処置を1週間に1回程度行い

抗菌剤の点眼薬と目頭のマッサージを続ければ



鼻涙管が自然に開通することがあります。

スポンサードリンク






新生児涙嚢炎の手術

94dd097eeddd2c51e9f1c96e9d15edbb_s

「これでも治らなかったら手術になるの?」

「赤ちゃんを手術なんてかわいそう」

って思いますよね。



しかし手術になることはほとんどありません。




手術になる前に外来でできる治療法があります。


プジーという細い針金を目頭に通し、鼻涙管の膜を破る方法です。



これで大体の赤ちゃんは治りますので



心配はいらないでしょう。




まとめ

管のなかで細菌感染を起こすのが新生児涙嚢炎




「この子目やにが多いな」

とか

「ふいてもふいても涙がたまるなぁ」

などの症状が出ていたら要注意です。




手術になることはほとんどありません







パパママ安心して良いです。

148711

涙クンさよなら
さよなら涙クン
また会う日まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。