眼の健康などの視力に関する情報発信

雪目はまず冷やす、対処法はサングラス?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

 

スキーやスノーボードをする人は気をつけていると


思いますが、今回は雪目です。



「えっ知らない?」



でもゴーグルやサングラスはちゃんとしてますよね。


何のためのゴーグルか?


知らない人のために雪目の解説です。



早速見てみましょう。

スポンサードリンク




雪目とは

b20f103002e11d113801d21c504890ef_s


スキー場や海水浴場で強い太陽光を浴びて

目が長時間直接紫外線にさらされ、角膜の表面が傷がついて


炎症を起こす病気です。




これが雪目(電気性眼炎)なのです。つまり、雪目は簡単にいうと

「目の日焼け」のことなのです。



冬は紫外線が少ないイメージですが、冬にも紫外線は降り注ぎます

スキー場だと雪に紫外線が反射します。長時間ゲレンデにいると、

この照り返しで日焼けをしてしまいます。




そのため、ゴーグルをつけこの照り返しから目を守っているのですが、

ついゴーグルをつけ忘れてりすると目も日焼けします。




目を保護するためのサングラスやゴーグルが必要なのです。


スキー用のサングラスなら
   ↓↓↓
メガネのオーマイグラス

紫外線対策

d048c5c5c41898c0641d2b61c4435fe0_s



太陽の光には目に見える可視光線という光と、目に見えない紫外線・

赤外線とがあります。



紫外線は波長が短い光のことで、皮膚や目に影響を及ぼします。



紫外線対策として日焼け止めや日傘などが考えられます

しかしスキー場では照り返しが下からきますので

日傘や帽子は役に立ちませんし、



肌のように日焼け止めを目に塗るわけにはいきません。



サングラスやゴーグルなどを有効に利用して紫外線から目を守る


必要があるのです。






雪目の症状

368933




紫外線にさらされてから6~10時間後に

スポンサードリンク




「結膜の充血」、


「目がゴロゴロする」


「涙が出る」


「目が痛くてまぶしい」


などの症状があらわれます。
スポンサードリンク







痛いときは応急的に。まず冷やす




様子を見ていくと大抵1~2日程度で治ります。



治らないときは眼科を受診し、正しい診断を受けることが

大切です。



まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s




雪目とは紫外線による目の日焼けのことです。


紫外線は目で見ることができないために、


この紫外線から皮膚や目を守るためには日頃から


紫外線対策を行うしかありません。



スキーなどの冬のスポーツを楽しむときは


防寒だけではなく紫外線対策も大事です。




今回もこうやって記事にした事で

学ぶ事ができました。






目を守る事をしっかりと理解し、

冬こそ紫外線対策を意識することが

大切ですね^^




それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^



よろしければシェアやコメント等


してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。