眼の健康などの視力に関する情報発信

特発性視神経炎は回復できる?その治療法が知りたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



目を動かすと痛くなったりしていませんか?


今回は原因が不明の特発性視神経炎について解説します。



スポンサーリンク




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6257485982177911"
data-ad-slot="1250186980"
data-ad-format="auto">






視神経の障害

343568

視神経が障害を受けると網膜から脳へ情報がきちんと伝わらなくなります。


これは網膜で感知した情報を伝達する神経は、眼底の中央やや鼻側にある

「視神経乳頭」に集まります。



この視神経乳頭が「視神経」の始点です。



視神経はここから眼球後方に伸びていって脳へ入り、後頭葉に至ります。



この経路のどこかが障害されてしまうと、情報がそこから

先へ進まずに、正常な視覚が成立しません。



視神経は脳に直接つながっている中枢神経の一部で、再生力が弱く、

完全に障害されてしまうと回復が難しくなります。



ですから視神経の病気では、早期治療がとても大切です。


特発性視神経炎とは

368933

片目または両目に急性の視カ低下がみられ

視力低下が生じる数日前ごろから、あるいはほぼ同時に眼球を動かすと

痛みを感じたり、眼球の後ろに種々の程度の痛みを感じたりします。




見ようとするところが見えない中心暗点型の症状が多いのが特徴です。




全体に霧がかかったように見えたり、視野の周辺の一部からだんだん

見えにくくなることもあります。




20代から50代の、女性の方がやや多くみられます。



視神経の眼球壁内に起こる視神経乳頭炎と、これより後方に起こる

球後視神経炎の2種類に分けられます。



視神経乳頭炎は眼底の視神経の先端部分に当たる乳頭や、これに

近い部分の視神経に赤く腫れます。



球後視神経炎は、
乳頭は正常に見えるのだが眼球の後方に炎症があります。


特発性視神経炎の回復

28f9f2e92b4a7ed8e6c721f8ddd64ad5_s


視神経乳頭炎は回復率は良いのが特徴です。





しかし一方の球後視神経炎は多発性硬化症という視神経以外の脊髄や

大脳の白質(神経線維の集まり)にも病変が及び、しばしば軽快と悪化を

繰り返します。





多発性硬化症では、目の障害だけでなく、手足のまひなどの運動失調、

感覚障害、認知症などの症状があります。




特発性視神経炎の治療には、通常、副腎皮質ステロイドやビタミン薬

の点滴で行います。




治療により視力がいったん回復しても、徐々に視力が悪化したり再発を

繰り返し、片目だけに現れた症状が両目に現れることもありますので、


定期的な経過観察は必要になってきます。


まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s



・視神経の病気は早期治療がとても大切である。





・特発性視神経炎は女性が多い疾患である。





・特発性視神経炎は2種類あって治りやすいものと

他の病気を引き起こす可能性のあるものがある。





・特発性視神経炎は再発を繰り返すので治療は継続する。





ステロイドの点眼はやはり副作用が気になります。

それに変わる新たな治療法が確立されてほしい所です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。