眼の健康などの視力に関する情報発信

レーシックの副作用はあるの?アフターケアのやり方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

「レーシック手術受けることにしたの?」



「レーシックって簡単な手術だから

病院選びさえちゃんとやれば怖くないからね」



「でもレーシックって副作用ってないの?」




はいレーシックの手術の後のケアが気になりますよね


今回はレーシックの副作用や後遺症について解説していきます。

スポンサードリンク





レーシック手術とは

084962
眼の表面の角膜をレーザーで削ぎとり、

角膜の形を変えることによって角膜の異常を

正しくする手術です。



近視・遠視・乱視を矯正する屈折矯正手術

レーザーで角膜を削る前に、フラップとよばれる

蓋のようなものを角膜の表面に作っておくので、

手術後の傷を保護することができます。




手術時間は両眼でおよそ10分しかかかりません。




レーザーをあてる時間は、個人差はありますが、

約数10秒と一瞬です。




手術中・手術後の痛みもほとんどありません。





手術後10~20分ほど休憩したら帰宅できます。




入院の必要もありません。




手術後のケアについて

901ddc97a4e6b2d697d9b0273cbee932_s


手術後しばらくの間、角膜は不安定な状態にあるので


正しいケアが必要です。


手術当日と翌日は、洗顔やお風呂は禁止されます。




メイクは目の周辺のアイメイクは控えたほうがいいです。




汗をかくような激しい運動はしばらく控えましょう。




手術後の目はとてもデリケートになっています。




目をゆっくり休め保護してあげましょう。

スポンサードリンク



レーシックの副作用について

4862b70167941165d83866e876678d15_s

「どんな副作用や後遺症が考えられるの?」


手術自体は安全でも、副作用はこわい・・・


可能性の高い副作用や後遺症として

ドライアイ


人によっては、術後数か月ドライアイが続く

ことがありますが、目薬で対処可能です。


ハロ・グレア現象


手術後に夜間や蛍光灯の下で光をまぶしく

感じたりにんじんで見えたりする現象のことです。


半年から1年程度で時間の経過とともに改善されます。


乱視


レーザー機器の誤射により乱視の可能性もあります。


最新式の機器ならそのような心配はありません。


感染症


角膜に細菌が入りこむことにより感染症が

起こることがあります。


目薬で対処できる程度のものです。



など可能性がありますが


ほとんどが軽めの症状ばかりです。



まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s

現在確認されている後遺症や副作用は


ドライアイ ・ハロ・グレア現象

乱視・感染症などがある。




ほとんどの後遺症や副作用は目薬で

対処できたり、時間ともに改善される

ものばかりです。






レーシック手術は

副作用や後遺症を正しく理解し

最新の機械のある

専門医を選び後遺症や副作用の

可能性を下げましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。