眼の健康などの視力に関する情報発信

目の健康と目の老化現象について、視力回復、病気予防

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

 

こんにちは

中高年の目の健康を考えるときに

重要なことが、目の老化現象です。

 

目の老化が進むと感じることは

どのようなことでしょう。

 

そして、目はいつ、どんな手術を

受けるべきでしょうか?

 

解説していきます。

 

スポンサードリンク


老眼


 

目の老化が進むと、近くが見えにくくなります。

 

それが老眼です。

 

早い人では40歳前後から

遅い人でも50歳を過ぎれば

メガネが必要になってきます。

 

近視の人は近くは見えます。

しかし、メガネやコンタクトレンズをしたままだと近くが見えにくくなります。

この状態で、目の手術はまだ考えませんよね。

 

白内障

さらに目の老化が進むと、水晶体は黄色くなり、濁ってきます。

 

白内障が発症します。

 

この状態では、視力低下を感じ、眼科を受診して、白内障と診断され、やがて手術を受けることになります。

 

この時期は不眠や高血圧、高度の認知症にかかっていることもありますが、

白内障の手術によってこれらの症状が改善できる場合もあります。
スポンサードリンク


手術には


 

白内障の手術で三点焦点のトリフォーカス

眼内レンズを挿入すると、遠距離から

近距離までメガネなしで見ることができます。

 

そうなれば車の運転などに使う遠くを見ること

パソコン作業などのような中間の距離を見ること、

 

読書や携帯電話を操作するなどの手元の作業

若い時のように自分の目ではっきり見えます。

 

眼内レンズ

視力は徐々に衰えます。

 

そのため、あまり自覚している人は少ないでしょう。

 

しかし、若返った視界は非常に素晴らしい

物です。

 

眼内レンズが挿入されれば若いころの視界がよみがえります。

 

白内障の手術によってあなたの人生が輝くのです。

 

現在、白内障治療のための眼内レンズは一人ひとりの目の状態や用途に合わせて幅広い選択が可能になってきています。

 

まごわやさしい

和食の中でも目の健康に良いとされる食材が

「まごわやさしい」です。

 

「ま」豆

「ご」ごま

「わ」わかめ

「や」野菜

「さ」魚

「し」シイタケ

「い」芋

これらの食材がきれいな血液を作ります。

 

目には極細の毛細血管が張り巡らされていて、きれいな血液が血管の弾力性を保ちます。

 

 

目の健康のために控える食事

目の健康のために控えたほうがいい食事や

食材とは、

牛乳、チーズ、ヨーグルト、アイスクリーム

などの乳製品

から揚げやてんぷら、ポテトチップスなどの油もの。

砂糖がたくさん入ったお菓子、清涼飲料水などです。

 

1日2食

8637b310b3cd98acc668d7d6a05034ee_s
1日2食の小食生活は

・間食や夜食をやめる

・食事量を腹8分目に抑える

・朝食の代わりにコップ一杯の青汁にします。

 目に必要な抗酸化成分が取れます。

1日2食を始めると、新陳代謝が活発になり目の周りの細胞が生まれ変わります。

 

それによりの網膜や脳に信号を送る視神経の

機能が上がります。

 

白内障で水晶体が濁ってきてもほかの目の機能が上れば視力も上がります。

 

血流が良い状態なら緑内障の進行を食い止めることができます。

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

老眼が始まる時期は体力も低下しています。

さらにストレスも増えてきています。

 

そんな時は目の負担も大きくなっています。

ストレスが原因になっている目の病気も

あります。

 

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病

などの目の病気の原因になります。

 

過労や睡眠不足など体力の低下している

時にも目が疲れやすくなります。

 

全身の健康は目の健康につながります。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。