眼の健康などの視力に関する情報発信

日差しをまぶしく感じたり、夜間車のヘッドライトをまぶしく感じたり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

日差しをまぶしく感じたり、夜間車のヘッドライトをまぶしく感じたり

まぶしく感じることを羞明(しゅうめい)といいますが、
羞明は日差しをまぶしく感じたり、夜間車のヘッドライトをまぶしく感じたりといろいろです。

羞明の原因は、さまざまですが、眼の病気が潜んでいることが多く、原因を明らかにしておくべきでしょう。

「まぶしく感じる」状態をひきおこす病気について解説していきます。

 

スポンサードリンク



 

 

白内障


白内障は目の老化現象白内障とは、カメラでいえばレンズにあたる水晶体(すいしょうたい)が白く濁って、見えにくくなる病気です。白内障は、先天的なものであったり、外傷、アトピーや薬、放射線など様々な原因で起こりますが、年を取ること(加齢)によって生じるものが最も多く、老化現象の一つといえます。白内障は、症状や進行には個人差があり、 早い人で40歳代から、80歳代以上では大部分のひとで白内障が生じています。

「かすみ」、「まぶしい」、「視力低下」などが主な症状

白内障により水晶体が白く濁り始めると、水晶体で光が散乱するため、「目がかすむ」といった見えづらさを感じるようになります。また外出時、太陽が異常にまぶしく感じられるようになったり、夜間に対向車のライトが異常にまぶしく感じ、車を運転しづらくなったり、日常生活に支障が生じます。

 

多くの場合、日常生活で不便を感じて自覚します

白内障はゆっくりと進行しますので、その見え方に慣れてしまい、特に初期にはなかなか気付かない場合があります。また左右の目で進行度合いが違うと、進んだ目の見えにくさを、残りの目が補うため気がつきにくくなります。白内障で生じる「視力低下」は、眼鏡などでは矯正できませんので、眼鏡をつくりかえても見えにくさが変わらない場合は、白内障が疑われます。

 

濁った水晶体を眼内レンズに置き換える手術があります

ごく初期のころには、点眼薬で進行を遅らせる治療をする場合もあります。
しかし、一旦生じた濁りは進行することはあっても、もとに戻ることはありません。白内障が進行した場合は、白く濁った水晶体を取り除き、アクリルなどでできた眼内レンズに置き換える手術を行います。

水晶体を眼内レンズに取り替えることにより、白内障の症状はなくなります。白内障の手術にあたっては、他の目の病気がないかなどを調べ、眼科専門医と相談の上、適切な時期に行うことが大切です。

ものが見えにくくなった時は、「年のせい」と安易に考えずに、早めに眼科を受診することが大切です。

 

 

流行性角結膜炎(はやり目)


はやり目

はやり目とはアデノウイルスによる感染症はやり目・流行性角結膜炎は、アデノウイルスというウイルスの感染が原因となる病気です。
感染すると、5日~2週間の潜伏期間の後、「さらさらした目やにが出る」、「涙が出る」、「まぶしい」などの症状が現れます。
まぶたは腫れ、結膜はむくみ、充血がみられるようになります。
そして、発症1週間頃から角膜に点状の濁りが現れることがあります。
目の症状以外にも、耳前リンパ節の腫れ・圧痛が特徴的な症状としてみられます。
発症は夏に多く、1~5歳を中心とした小児に多いとされていますが、成人も含めて幅広い年齢でかかります。

 

きちんと治るまで登校、出社は停止

現時点では、はやり目の原因であるアデノウイルスに対して有効な薬剤はありません。しかし、アデノウイルスの感染を確認するためにも眼科受診による正しい診断は大切です。

はやり目自体は3週間ほどで自然に治りますが、別の細菌などの混合感染を予防するために、抗菌薬の点眼を行います。また、角膜の濁りがみられる場合には、ステロイド薬の点眼を行います。
なお、はやり目は、学校保健安全法により、感染力がなくなったと医師が判断するまでは学校へ出席できない疾患に指定されています。大人の場合も感染を広げないために出社は控えます。

 

はやり目をうつさない、うつらないために

アデノウイルスは、伝染性が非常に高いウイルスで、主に手を介して伝染します。
はやり目を家族にうつさないために、あるいは家族内でうつらないために、以下の点に注意しましょう。

手で目をこすらない
患者さんとそれ以外の人で、手や顔を拭くタオルを分ける
患者さんもその家族も流水でよく手を洗う
目を手やタオルで拭かず、ティッシュペーパーなどの使い捨てのものを使用する
お風呂は患者さんが最後に入る

 

点状表層角膜炎

点状表層角膜炎とは、角膜の表面に小さな点状の傷がたくさんでき、「目がゴロゴロする」といったような異物感や「まぶしく感じる」といった症状がみられる病気です。ひどくなると視力の低下につながる場合もあります。傷がつく原因としては、コンタクトレンズや逆まつげ、感染などがありますが、ドライアイや点眼薬の副作用による場合もあります。

まずは眼科を受診し、正しい診断を受けることが大切です。

角膜ヘルペス

多くの場合、以前に感染し、三叉神経節などに潜んでいたヘルペスウイルスが、紫外線、外傷、風邪、疲労などのストレスやステロイド薬の投与をきっかけに再発し、角膜ヘルペスを発症します。
発症すると、「目がゴロゴロする」、「まぶしい」、「涙が出る」、「目が痛い」などの症状があらわれます。角膜ヘルペスは、角膜の表面にできるタイプ(上皮型)と、表面より角膜内部の実質と呼ばれる部分にできるタイプ(実質型)に分かれます。上皮型の再発を繰り返すと、実質型に移行し、角膜の混濁による視力低下などが生じ重症化する場合があります。
治療の基本は抗ウイルス薬の投与ですが、実質型にはステロイド薬の点眼も行います。

まずは眼科を受診し、正しい診断を受けることが大切です。

 

スポンサードリンク



 

雪目


雪目とは、 スキー場や海水浴場で強い太陽光を浴びたり、電気溶接を行ったことによって、目が長時間直接紫外線にさらされ、角膜の表面が傷つく病気です。強い紫外線にさらされてから6~10時間程度で、「結膜の充血」、「目がゴロゴロする」、「涙が出る」、「目が痛くてまぶしい」などの症状があらわれます。
治療としては、感染予防のために抗菌薬を点眼し、目の痛みに対しては鎮痛薬を使用します。通常1~2日程度で治ります。予防としては、強い紫外線にさらされる場所では、紫外線から目を保護するためのサングラスやゴーグルが有効です。

まずは眼科を受診し、正しい診断を受けることが大切です。

まとめ

「まぶしく感じる」状態をひきおこす病気について解説してきました。

まずは眼科を受診し、正しい診断を受けることが大切です。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

目の充血

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。