眼の健康などの視力に関する情報発信

視力低下の病気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

視力低下の病気、

急に視力が悪くなってしまったときはありませんか?

「視力低下を感じる」状態をひきおこす病気・症状について解説していきます。

 

スポンサードリンク



 

 

白内障


白内障は目の老化現象白内障とは、カメラでいえばレンズにあたる水晶体(すいしょうたい)が白く濁って、見えにくくなる病気です。白内障は、先天的なものであったり、外傷、アトピーや薬、放射線など様々な原因で起こりますが、年を取ること(加齢)によって生じるものが最も多く、老化現象の一つといえます。白内障は、症状や進行には個人差があり、 早い人で40歳代から、80歳代以上では大部分のひとで白内障が生じています。

「かすみ」、「まぶしい」、「視力低下」などが主な症状
白内障により水晶体が白く濁り始めると、水晶体で光が散乱するため、「目がかすむ」といった見えづらさを感じるようになります。また外出時、太陽が異常にまぶしく感じられるようになったり、夜間に対向車のライトが異常にまぶしく感じ、車を運転しづらくなったり、日常生活に支障が生じます。

 

多くの場合、日常生活で不便を感じて自覚します

白内障はゆっくりと進行しますので、その見え方に慣れてしまい、特に初期にはなかなか気付かない場合があります。また左右の目で進行度合いが違うと、進んだ目の見えにくさを、残りの目が補うため気がつきにくくなります。白内障で生じる「視力低下」は、眼鏡などでは矯正できませんので、眼鏡をつくりかえても見えにくさが変わらない場合は、白内障が疑われます。

濁った水晶体を眼内レンズに置き換える手術があります

ごく初期のころには、点眼薬で進行を遅らせる治療をする場合もあります。
しかし、一旦生じた濁りは進行することはあっても、もとに戻ることはありません。白内障が進行した場合は、白く濁った水晶体を取り除き、アクリルなどでできた眼内レンズに置き換える手術を行います。
眼内レンズ(イメージ):通常直径は6mm程度白内障手術(イメージ):濁った水晶体を取り除き、眼内レンズに置き換えます。
水晶体を眼内レンズに取り替えることにより、白内障の症状はなくなります。白内障の手術にあたっては、他の目の病気がないかなどを調べ、眼科専門医と相談の上、適切な時期に行うことが大切です。

ものが見えにくくなった時は、「年のせい」と安易に考えずに、早めに眼科を受診することが大切です。

 

 

加齢黄斑変性


 

加齢黄斑変性は目の生活習慣病ものを見るための視機能で最も重要な、網膜の中心部である黄斑部(おうはんぶ)が障害されるのが加齢黄斑変性です。加齢黄斑変性は50歳以上の男性に多く発症することがわかっています。日本では高齢化を背景に、患者数は増加傾向にあり、中途失明原因の上位を占めています。
喫煙歴や肥満があると、発症率は高くなる傾向にあるため、加齢黄斑変性は「目の生活習慣病」とも呼ばれています。また遺伝的要因や、太陽光、食生活などの生活習慣や環境もその発症に関係しています。

 

中心が見にくくなったり、ものが歪んでみえる

加齢黄斑変性により黄斑部が障害を受けると、中心がぼやけたり、歪んで見えたり、暗くて見えにくくなります。また視力の低下も認められます。多くの場合、症状は片側の目からあらわれますが、見えにくさは残りの目で補うため、異常に気づくのが遅れる場合があります。

加齢黄斑変性には、進行が早い滲出型(しんしゅつがた)と進行が遅い萎縮型(いしゅくがた)があります。

加齢黄斑変性とよく症状が似た他の眼の病気もありますので、早い段階で眼科で正しい診断を受けることが大切です。

加齢黄斑変性の見え方シミュレーション:中心部が暗くぼやけ、ゆがんで見えます。

中心窩に近い病変には早い時点での対応が必要

中心窩(ちゅうしんか)は黄斑部でも、もっとも感度のよい部分で、ものを見るのに大変重要な働きをしています。このため、中心窩での視力の維持は非常に大切です。滲出型は最初から病変が中心窩近くに起こることもあり、症状は早く進行しますので詳しい診断の上、早い時点での治療開始が望まれます。一方、萎縮型は長年にわたって進行するため、中心窩近くに病変が及んでいない場合は、経過観察となります。

進行の早い「滲出型」に新しい治療法が登場

滲出型イメージ滲出型の加齢黄斑変性では、網膜に老廃物が増え、これを処理するために新しい血管である新生血管が増えます。しかしこの血管はもろく破れやすいため、出血を起こし、網膜にある視細胞がいたんで(障害をうけて)しまうのです。近年、滲出型の治療法として、新生血管を抑える薬物(抗VEGF抗体)を目の中(硝子体)に直接注入する方法が開発され、日本でも広く行われています。また、病型によっては薬物と弱いレーザー光を組み合わせ新生血管を抑制するPDT(光線力学療法)が行われます。また、病変が中心窩に及んでいない場合は、レーザー光により新生血管を抑制する治療(直接凝固)も行われます。

 

近視、遠視、乱視


ものを見るしくみ(イメージ)目に入った光は網膜上で像として結ばれ、その信号が視神経を通り脳に伝わります。これが私たちが目でものを見るしくみです。この時重要になるのが、カメラでいえば“レンズ”にあたる「角膜」、「水晶体」、そしてフィルムにあたる「網膜」です。また角膜から網膜までの距離を「眼軸長(がんじくちょう)」といいます。
光学的に正常な目(正視:せいし)の場合は、角膜から入った光が角膜と水晶体を通る時に屈折し、網膜上に焦点が結ばれます。近いものをみたり、遠くを見たりする際には、水晶体の厚みが変わることで屈折の具合を調節し、どのような距離のものを見る場合でも、網膜面にきちんと焦点が結ばれるようになっています。

 

屈折に異常がある場合 ~近視、遠視、乱視~

目に入る光は、角膜と水晶体を通るときに屈折し網膜上に焦点が結ばれますが、この屈折の度合いと眼軸長のちょうどよいバランスが崩れることを、「屈折異常(くっせついじょう)」といいます。
網膜の手前で焦点が合ってしまうものを「近視(きんし)」、逆に網膜の後ろで焦点が合ってしまうものを「遠視(えんし)」、“レンズ”にゆがみがあり、光の焦点が目の中で1点に結ばれず、見たものがダブって見えてしまう状態を「乱視(らんし)」といいます。

調節機能に衰えがみられる場合 ~老視~

水晶体は年齢と共に固くなってしまうため、目のピントを調節する機能が低下し、近くの物が見づらくなってしまいます。
この状態を「老視(ろうし)」といいます。
これは一般に“老眼“といわれる状態で、40~45歳くらいから始まる一種の目の老化現象と考えられています。

 

まずは眼科を受診し、正しい診断を

ピントの悪さや見えにくさを感じた場合は、まずは眼科を受診し、正しい診断を受けることが大切です。
屈折異常である近視、遠視、乱視への対応には、眼鏡、コンタクトレンズがあります。手術としては近視を矯正するLASIK(レーザー角膜内切削形成術)や乱視を矯正するAK(乱視矯正角膜切開術)などがあります。
調節異常である老視に対しては老眼鏡や遠近両用眼鏡、遠近両用コンタクトレンズが主に用いられていますが、最近白内障手術の際に多焦点眼内レンズを挿入することも可能になっています。

 

スポンサードリンク


網膜剥離


ものを見るしくみ(イメージ)網膜は目の奥・眼底(がんてい)にある組織です。そこには視細胞と呼ばれる光を感じる細胞があり、ここで受けとられた映像は電気信号に変換されて、視神経を通じ脳に送られ認識されます。このように網膜は、カメラでいえばフィルムにあたり、ものを見るために大変重要な働きを担っているのです。

網膜が剥がれる「網膜剥離」が起こると、見える範囲(視野)の一部が欠け、大変見えにくくなります。

網膜剥離は20歳代、50歳代以降に多い

近視が強い人は、網膜剥離を起こしやすい傾向にあります。また年代別では20歳代と、50歳代以降に多いことがわかっています。中高年の人では、加齢により硝子体(しょうしたい)が変化して起こるのものが多く、網膜に孔(あな)が空くため、裂孔原性(れっこうげんせい)網膜剥離と呼ばれます。

 

幕がかかったように見えたり、存在しない光が見えることがあります

目の前に糸くずや虫のようなものが見える、いわゆる「飛蚊症(ひぶんしょう)」は、生理的に生じるもので加齢によって生じます。しかし、急に大きな影のようなものが見えるようになった場合には、網膜剥離が疑われ、注意が必要です。 また、硝子体が網膜前面から外れるときに、キラキラと光が見えるように感じる(光視症:こうししょう)のも、網膜剥離の前段階として特徴的な症状です。進行してくると、カーテンや幕がかかっているように見えるなど、視野の欠けを自覚します。

見え方の異常を感じたら、まずは眼科を受診し、正しい診断を受けることが大切です。

 

放置すると、進行して失明してしまうことも

網膜剥離が網膜の中心で最も重要な黄斑部(おうはんぶ)にまで及ぶと、視力低下が起こり、放置しておくと失明に至る場合もあります。網膜裂孔に対しては、剥離が起こらないよう、レーザー治療を行います。剥離に至った場合は、手術が必要になります。

点状表層角膜炎


点状表層角膜炎とは、角膜の表面に小さな点状の傷がたくさんでき、「目がゴロゴロする」といったような異物感や「まぶしく感じる」といった症状がみられる病気です。ひどくなると視力の低下につながる場合もあります。傷がつく原因としては、コンタクトレンズや逆まつげ、感染などがありますが、ドライアイや点眼薬の副作用による場合もあります。

まずは眼科を受診し、正しい診断を受けることが大切です。

角膜ヘルペス


多くの場合、以前に感染し、三叉神経節などに潜んでいたヘルペスウイルスが、紫外線、外傷、風邪、疲労などのストレスやステロイド薬の投与をきっかけに再発し、角膜ヘルペスを発症します。
発症すると、「目がゴロゴロする」、「まぶしい」、「涙が出る」、「目が痛い」などの症状があらわれます。角膜ヘルペスは、角膜の表面にできるタイプ(上皮型)と、表面より角膜内部の実質と呼ばれる部分にできるタイプ(実質型)に分かれます。上皮型の再発を繰り返すと、実質型に移行し、角膜の混濁による視力低下などが生じ重症化する場合があります。
治療の基本は抗ウイルス薬の投与ですが、実質型にはステロイド薬の点眼も行います。

まずは眼科を受診し、正しい診断を受けることが大切です。

 

糖尿病網膜症


糖尿病網膜症とは、糖尿病の三大合併症の一つで、日本人成人の失明原因の上位に挙げられている病気です。糖尿病になると、高い血糖のために細い血管が詰まったり傷ついたりし、やがてそれらの血管から出血するようになります(単純糖尿病網膜症)。その状態がひどくなると、網膜に十分な血液が行きわたらなくなり、網膜が酸欠状態になります(増殖前糖尿病網膜症)。そして、網膜の酸欠状態が続くと、新たな血管が網膜表面や硝子体に延びてきます(増殖糖尿病網膜症)。しかし、この新たな血管は非常にもろく、簡単に出血を起こしてしまいます。この出血が網膜剥離(もうまくはくり)につながり、やがて失明に至るのです。糖尿病網膜症はほとんど自覚症状はありません。糖尿病と診断されたら、血糖コントロールはもちろんのこと、定期的な目の検査も必要になります。進行した状態での目の症状としては、中心部分が暗く感じたり、ものが歪んで見えたり、視力低下を感じることがあります。

まずは眼科を受診し、正しい診断を受けることが大切です。

まとめ

「視力低下を感じる」状態をひきおこす病気・症状について解説して

まずは眼科を受診し、正しい診断を受けることが大切です。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

目の充血

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。