眼の健康などの視力に関する情報発信

モノを見ているときに黒い虫のようなものが見える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

モノを見ているときに黒い虫のようなものが見える

モノを見ているときに黒い虫のようなものが動いて見えたことはありませんか。

生理的なものと目の病気が原因で起こるものとに分けられ、網膜剥離などの病気が原因の場合は早急に検査・対策・治療が必要です。

「蚊のようなものが見える」状態をひきおこす病気・症状について解説していきます。

 

スポンサードリンク



 

 

生理的飛蚊症とは

飛蚊症とは、目の前に糸くずや髪の毛のような浮遊物が動いて見える症状のことです。

これは、眼の中を満たしている透明ゼリー状の硝子体(しょうしたい)が濁ったり、その後ろの部分がしぼむために起こる現象で、目の老化現象の一つとして考えられます。

通常は他に異常がない限り、治療の必要はありませんが、急に見える浮遊物の数が増えたりした場合は網膜剥離(もうまくはくり)や網膜裂孔(もうまくれっこう)など重い病気の可能性もありますので注意が必要です。

まずは眼科を受診し、正しい診断を受けることが大切です。

スポンサードリンク


網膜剥離

網膜はカメラでいえばフィルム。ものを見るのに大変重要

網膜は目の奥・眼底(がんてい)にある組織です。そこには視細胞と呼ばれる光を感じる細胞があり、ここで受けとられた映像は電気信号に変換されて、視神経を通じ脳に送られ認識されます。
このように網膜は、カメラでいえばフィルムにあたり、ものを見るために大変重要な働きを担っているのです。

網膜が剥がれる「網膜剥離」が起こると、見える範囲(視野)の一部が欠け、大変見えにくくなります。

 

網膜剥離は20歳代、50歳代以降に多い

近視が強い人は、網膜剥離を起こしやすい傾向にあります。
また年代別では20歳代と、50歳代以降に多いことがわかっています。
中高年の人では、加齢により硝子体(しょうしたい)が変化して起こるのものが多く、網膜に孔(あな)が空くため、裂孔原性(れっこうげんせい)網膜剥離と呼ばれます。

 

幕がかかったように見えたり、存在しない光が見えることがあります

目の前に糸くずや虫のようなものが見える、いわゆる「飛蚊症(ひぶんしょう)」は、生理的に生じるもので加齢によって生じます。
しかし、急に大きな影のようなものが見えるようになった場合には、網膜剥離が疑われ、注意が必要です。
また、硝子体が網膜前面から外れるときに、キラキラと光が見えるように感じる(光視症:こうししょう)のも、網膜剥離の前段階として特徴的な症状です。
進行してくると、カーテンや幕がかかっているように見えるなど、視野の欠けを自覚します。

見え方の異常を感じたら、まずは眼科を受診し、正しい診断を受けることが大切です。

放置すると、進行して失明してしまうことも

網膜剥離が網膜の中心で最も重要な黄斑部(おうはんぶ)にまで及ぶと、視力低下が起こり、放置しておくと失明に至る場合もあります。

網膜裂孔に対しては、剥離が起こらないよう、レーザー治療を行います。

剥離に至った場合は、手術が必要になります。

 

まとめ

黒い点や虫のようなもの、または薄い雲のようなものが視野の中に見えたことはないでしょうか。

このように、視界にごみや虫のようなものが飛んでいるように見える症状を飛蚊症(ひぶんしょう)と呼びます。

網膜剥離などの病気が原因の場合は早急に検査・対策・治療が必要です。

まずは眼科を受診し、正しい診断を受けることが大切です。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

目の充血

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。