眼の健康などの視力に関する情報発信

「目のかすみ」をひきおこす病気、白内障について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「目のかすみ」をひきおこす病気、白内障について

人の目は,良くカメラに例えられますがカメラのレンズに相当するのが、水晶体です。瞳の後に水晶体はあり、水晶体が濁る病気が白内障です。白内障だけでは、痛み、充血はありません。

明るい所で見えにくいとか、眩しく感じることが多くなったと言うことが初発症状で、進行してくれば、視力が低下してきます。

白内障の原因として、最も多いのが加齢によるもので加齢性白内障と呼ばれています。個人差はありますが、誰でも年をとるにつれ、水晶体は濁ってきます。
加齢性白内障は一種の老化現象ですから、高年齢の人ほど発症しやすくなります。また、アトピーや糖尿病・外傷などが原因となり、若いうちから発症することもあります。

「目のかすみ」をひきおこす病気、白内障について解説していきます。

 

スポンサードリンク



 

白内障は目の老化現象

白内障は目の老化現象白内障とは、カメラでいえばレンズにあたる水晶体(すいしょうたい)が白く濁って、見えにくくなる病気です。白内障は、先天的なものであったり、外傷、アトピーや薬、放射線など様々な原因で起こりますが、年を取ること(加齢)によって生じるものが最も多く、老化現象の一つといえます。白内障は、症状や進行には個人差があり、 早い人で40歳代から、80歳代以上では大部分のひとで白内障が生じています。

 

「かすみ」、「まぶしい」、「視力低下」などが主な症状

白内障により水晶体が白く濁り始めると、水晶体で光が散乱するため、「目がかすむ」といった見えづらさを感じるようになります。また外出時、太陽が異常にまぶしく感じられるようになったり、夜間に対向車のライトが異常にまぶしく感じ、車を運転しづらくなったり、日常生活に支障が生じます。

白内障の見え方シミュレーション:レンズの働きをする水晶体が白く濁るため、目の前に霧がかかったようになります。

 

多くの場合、日常生活で不便を感じて自覚します

白内障はゆっくりと進行しますので、その見え方に慣れてしまい、特に初期にはなかなか気付かない場合があります。また左右の目で進行度合いが違うと、進んだ目の見えにくさを、残りの目が補うため気がつきにくくなります。白内障で生じる「視力低下」は、眼鏡などでは矯正できませんので、眼鏡をつくりかえても見えにくさが変わらない場合は、白内障が疑われます。

 

濁った水晶体を眼内レンズに置き換える手術があります


ごく初期のころには、点眼薬で進行を遅らせる治療をする場合もあります。
しかし、一旦生じた濁りは進行することはあっても、もとに戻ることはありません。白内障が進行した場合は、白く濁った水晶体を取り除き、アクリルなどでできた眼内レンズに置き換える手術を行います。
眼内レンズ(イメージ):通常直径は6mm程度白内障手術(イメージ):濁った水晶体を取り除き、眼内レンズに置き換えます。
水晶体を眼内レンズに取り替えることにより、白内障の症状はなくなります。白内障の手術にあたっては、他の目の病気がないかなどを調べ、眼科専門医と相談の上、適切な時期に行うことが大切です。

ものが見えにくくなった時は、「年のせい」と安易に考えずに、早めに眼科を受診することが大切です。

 

スポンサードリンク



 

どのような場合手術が必要になるのか?


手術をすることにより、白内障による視力の低下や霧視の自覚の改善を期待することができます。
白内障ではなく他の眼病により見えにくくなっている場合には、思ったほど視力の回復がみられないことがあります。
単焦点眼内レンズの場合、術後は単焦点のため、全ての距離が見えるわけではありません。読書や運転時には必要に応じて弱い度数の眼鏡をかけていただきます。

視力の低下や霧視の自覚があり、患者様がその改善を希望される場合に手術をすることがあります。
特殊例(緑内障を合併した例)では水晶体の濁りが少なくても早めに手術することがあります。また、白内障が進むと手術が難しくなり、合併症の危険性が高くなることがあります。

 

 

まとめ


まぶたや目の周囲の腫れはとても気になる方が多いと思います。

まずは眼科を受診し、正しい診断を受けることが大切です。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

目の充血

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。