眼の健康などの視力に関する情報発信

受診が必要なまぶたの腫れ!なんとかしたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

受診が必要なまぶたの腫れ!なんとかしたい

まぶたや目の周囲の腫れはとても気になる方が多いと思います。

皮膚が薄いのでトラブルが起こりやすいだけでなく、目は印象を大きく左右し、少し腫れただけでも大きく変わったように感じるからです。

お酒や寝不足などによるむくみ、化粧品などによるかぶれ、ヒリヒリする腫れ、赤みや湿疹、しこり、でこぼこなど、まぶたや目の周囲に起こるトラブルはさまざまです。

「まぶたの腫れ・ただれ」をひきおこす病気について解説していきます。

 

スポンサードリンク



 

 

流行性角結膜炎 はやり目


はやり目とはアデノウイルスによる感染症
はやり目とはアデノウイルスによる感染症はやり目・流行性角結膜炎は、アデノウイルスというウイルスの感染が原因となる病気です。
感染すると、5日~2週間の潜伏期間の後、「さらさらした目やにが出る」、「涙が出る」、「まぶしい」などの症状が現れます。
まぶたは腫れ、結膜はむくみ、充血がみられるようになります。
そして、発症1週間頃から角膜に点状の濁りが現れることがあります。
目の症状以外にも、耳前リンパ節の腫れ・圧痛が特徴的な症状としてみられます。
発症は夏に多く、1~5歳を中心とした小児に多いとされていますが、成人も含めて幅広い年齢でかかります。

 

きちんと治るまで登校、出社は停止

現時点では、はやり目の原因であるアデノウイルスに対して有効な薬剤はありません。しかし、アデノウイルスの感染を確認するためにも眼科受診による正しい診断は大切です。

はやり目自体は3週間ほどで自然に治りますが、別の細菌などの混合感染を予防するために、抗菌薬の点眼を行います。また、角膜の濁りがみられる場合には、ステロイド薬の点眼を行います。
なお、はやり目は、学校保健安全法により、感染力がなくなったと医師が判断するまでは学校へ出席できない疾患に指定されています。大人の場合も感染を広げないために出社は控えます。

 

はやり目をうつさない、うつらないために

アデノウイルスは、伝染性が非常に高いウイルスで、主に手を介して伝染します。
はやり目を家族にうつさないために、あるいは家族内でうつらないために、以下の点に注意しましょう。

手で目をこすらない
患者さんとそれ以外の人で、手や顔を拭くタオルを分ける
患者さんもその家族も流水でよく手を洗う
目を手やタオルで拭かず、ティッシュペーパーなどの使い捨てのものを使用する
お風呂は患者さんが最後に入る
手で目をこすらない よく手を洗う

 

 

ものもらい(麦粒腫)は感染症です!


ものもらいは、眼瞼(まぶた)や目の縁に黄色ブドウ球菌、表皮ブドウ球菌などの細菌が感染して起こります。まぶたの一部が赤く腫れ、ズキズキするような痛みがあったり、押えると痛いのが特徴です。

ものもらい は医学的には麦粒腫(ばくりゅうしゅ)といいます。ものもらいという呼び名は主に東日本でのもので、地方によっては、「めいぼ」、「めばちこ」などと呼ばれています。

最初はかゆく、やがて赤く腫れて痛くなる

ものもらい(イメージ)ものもらいができれば、最初はまぶたに部分的な赤みが見られますが、この時点では多くの場合、痛みは少なく、軽いかゆみをともなう程度です。症状が進んでくると、「赤み、腫れ、痛み」といったいわゆる「炎症(えんしょう)」の症状が強くあらわれてきます。その後、膿んだ部分が自然に破裂し、膿が出てしまえば、症状が治まり、回復に向かいます。

 

自然に治る場合が多いが、抗菌薬の点眼や飲み薬が有効

2~3週間程度で自然に治る場合もありますが、他の目の病気が潜んでいる可能性もあるため、眼科を受診し、正しい診断・治療を受けることが薦められます。

点眼、内服 抗菌薬(イメージ)治療としては抗菌薬の目薬(点眼)や飲み薬(内服)を使用します。症状が進んで膿がなかなかでない場合は、注射針により膿を出す処置を行うこともあります。

ものもらいの予防としては、汚い手で目をこすったりしないように注意します。女性の場合は、日頃からアイメイクをしっかり落とし、清潔に保つことが大切です。

 

眼瞼炎

眼瞼炎とは、通常まつげの根元の部分(まぶたの縁)の炎症をさしますが、広い意味では、まぶた全体の炎症や皮膚炎も含まれます。眼瞼炎には、細菌やウイルスなどによる感染性のものと、アレルギー反応などによる、感染が原因でないものがあります。感染性眼瞼炎の代表的なものとしては、麦粒腫(ものもらい)などがあります。

まずは眼科を受診し、正しい診断を受けることが大切です。

 

スポンサードリンク


涙嚢炎

涙嚢炎とは、鼻への涙の流れが滞り、涙の通り道である涙嚢の中で菌が繁殖し、炎症がおこる病気です。涙や目やにが多くなり、涙嚢を圧迫すると膿が涙点から出てくるのが特徴です。ひどくなると涙嚢の周囲にまで炎症が広がり、涙嚢の部分の皮膚が赤く腫れ、痛みを訴える場合もあります。涙嚢の周囲まで炎症が広がってしまった場合は、内服や注射の抗菌薬を全身投与することもあります。また針を刺して膿を出してしまうこともあります。

まずは眼科を受診し、正しい診断を受けることが大切です。

 

 

まとめ

まぶたや目の周囲の腫れはとても気になる方が多いと思います。

まずは眼科を受診し、正しい診断を受けることが大切です。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

目の充血

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。