眼の健康などの視力に関する情報発信

目がごろごろ感じます。病気の可能性は・・?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

目がごろごろ感じます。病気の可能性は・・?

「目の異物感(ゴロゴロする感じ)」をひきおこす病気についてみていきましょう。

 

スポンサードリンク



 

 

ドライアイ

涙の減少や成分の変化によって、結膜や角膜などの目の表面が「肌荒れ」のような状態になり、様々な症状が現れる状態を「ドライアイ」といいます。ドライアイには涙の分泌量が減るタイプ(涙液減少型)のものと、涙の蒸発が進みすぎるタイプ(蒸発亢進型)のものがあります。長時間のパソコン作業、エアコンによる乾燥、コンタクトレンズの長時間装着、ストレスの増加などにより、最近、蒸発亢進型のものが増加傾向にあります。

 

「目が疲れる」など、さまざまな不快症状があらわれます
ドライアイでは、「目が疲れる」、「目の違和感」、「目がゴロゴロする」、「目がショボショボする」、「目が重い」など、症状の訴えは多様で、最初から「目が乾く」と訴える人は意外に多くありません。悪化してくると、「目が痛い」、「目を開けていられない」などの症状があらわれ、さらには「頭が痛い」、「肩が凝る」、「気分が悪い」など、全身的な症状に進行する場合もあります。

 

現代人は涙が減少してきている

現代人は涙が減少してきているとの報告もありますが、ドライアイの原因は不明で、複合的と考えられています。いずれにしろ、現代社会ではパソコン、携帯電話、TVゲームなど、モニターを見続ける生活が日常的となり、それによってまばたきの回数も減り、目が乾きがちになります。また冷暖房や夜型のライフスタイルやストレスの増加もドライアイの発症に関係しているといわれています。

一方、シェーグレン症候群という自己免疫疾患などでは、涙の分泌量が極端に減り、重症のドライアイ症状がみられます。

 

治療法は

まずは人工涙液などを頻回に点眼。改善しない場合は涙点閉塞も
ドライアイの症状を感じれば、まず眼科での受診により、涙の量・状態そして角膜の状態を正しく検査することが大切です。

治療としては、目の潤いを保つために人工涙液やヒアルロン酸を含む角結膜上皮障害治療剤を点眼します。 また、涙の蒸発を防ぐ保護メガネを使用される場合があります。

最近、涙の排出口である涙点を塞ぎ、乾燥を防ぐ、「涙点プラグ」が保険適用となり、使用されるようになってきました。

シェーグレン症候群での重症のドライアイでは、自分の血液の成分である自己血清を点眼する場合があります。

ドライアイを予防するには、日常において工夫が必要です。長時間のパソコンワークでは意図的にまばたきを増やしたり、1時間に一度程度は別の作業をうまく組み合わせ体を動かしたり、休憩をとるなどしましょう。室内が乾燥し過ぎないように加湿器を使用し、適度な湿度を保つなど、空調にも配慮が必要です。また、コンタクトレンズを使用していて、目がゴロゴロするなどの症状が出る場合は、眼鏡を併用するなど、症状を悪化させないように心がけましょう。

 

アレルギー性結膜炎


日本人の約15~20%はアレルギー性結膜炎というアレルギー性結膜炎とは、アレルギー反応により、目の充血やかゆみが起こる病気です。日本人のおよそ15~20%がかかっていると推定されており、近年その患者数はますます増えていると考えられています。

アレルギー性結膜炎には、花粉症として知られている「季節性アレルギー性結膜炎」、ダニやハウスダストなど1年を通して存在するものが原因となる「通年性アレルギー性結膜炎」、そして春から秋にかけて症状が悪化し、冬には良くなるということを繰り返す「春季カタル」などがあります。
季節性アレルギー性結膜炎、通年性アレルギー性結膜炎、春季カタルに共通する自覚症状として、「目がかゆい」、「ゴロゴロする」、「目やにが多い」などがあります。

 

季節性アレルギー性結膜炎の場合は、毎年決まった時期に目のかゆみなどの症状がみられます。ほとんどはスギやヒノキなどの花粉による結膜炎で、患者の約7割が「アレルギー性鼻炎」もあわせて発症するといわれています。

 

一方、通年性アレルギー性結膜炎の場合は、ダニやハウスダストなど、原因がほぼ年間通して存在するため、症状に季節性はみられず、慢性化しやすいと言われています。

 

より重症のアレルギー性結膜炎である春季カタルの場合は、結膜に石垣のような凸凹ができます。
原因としてはハウスダストやダニが考えられますが、その他に花粉や動物のフケなど多種類のものが関わる場合も少なくありません。5歳くらいから発症し、学童期を通して慢性に経過します。発症するのは男児に多く、女児はまれといわれています。
思春期になると自然によくなることも多いようですが、アトピー性皮膚炎が合併している場合は、なかなか治りにくい傾向があります。

目にアレルギーの症状を感じたら、まずは眼科を受診し、正しい診断を受けることが大切です。

 

治療の中心は薬物療法。予防のためのセルフケアも大切

アレルギー性結膜炎治療点眼薬(イメージ)アレルギー性結膜炎の治療は、薬物療法が中心となります。
通常、はじめに抗アレルギー点眼薬を使用し、それでもよくならない場合はステロイド点眼薬を用います。春季カタルに対しても基本的には同じ治療を行いますが、よくならない場合は免疫抑制薬(めんえきよくせいやく)の点眼を用いる場合があります。

なお、季節性アレルギー性結膜炎である花粉症については、花粉が飛び始める2週間前くらいから抗アレルギー点眼薬の投与をはじめると、より効果的であるという報告もあります。

アレルギー性結膜炎のつらい症状は、アレルギーの原因となるアレルゲンを遠ざける工夫をすることで、ある程度軽減できます。花粉などの季節性のアレルゲンについては、その花粉が飛ぶ季節には、花粉になるべく接しないような工夫をします。外出時にはメガネやゴーグル、マスクを着用するのも効果的です。洗濯物は外に干さない。外出から帰った時は服についた花粉を払い、洗顔、うがいなどで体から花粉を落とす。人工涙液を点眼し、花粉を除くといった対策もあります。ダニやハウスダストなどの通年性のアレルゲンについては、室内環境や寝具の改善、ていねいな掃除などが有効な対策となります。
アレルギー症状がひどい時には、コンタクトレンズの使用は控えましょう。

 

スポンサードリンク



 

逆まつげ

 


まつげは本来、まぶたの縁から眼球とは反対側へカールし、眼球にあたらないように生えています。
しかし、「逆まつげ」では、何らかの原因でまつげが眼球の方へ向かっています。そのため、まつげが眼球にあたってしまい、ひどくなると角膜に炎症や潰瘍(かいよう)ができることもあります。症状としては目にゴロゴロするような異物感を感じたり、涙目になったり、目が痛む場合があります。

逆まつげになる理由

逆まつげには、大きく分けると、まつげが眼球に向かって生えてしまうタイプと、まぶたの縁が眼球側へ向かってしまうタイプがあります。まつげが眼球側に向かって生えてしまうタイプのものは「睫毛乱生(しょうもうらんせい)」と呼ばれます。これは、まつげの毛根の周辺で起きた炎症による傷跡などのために、まつげの生える方向が不規則になってしまうものです。一方、まぶたの縁が眼球側へ向いてしまうタイプのものは「眼瞼内反(がんけんないはん)」と呼ばれます。これは、皮下脂肪でまぶた(眼瞼)が膨らんでいる乳幼児でみられる先天性のものと、老化でまぶたの皮膚がたるんでしまった老人性のものに大きく分けられます。

正しいまつげの生え方(イメージ) 睫毛乱生(イメージ) 眼瞼内反(イメージ)

 

逆まつげは自然に治る場合も多い

自分で逆まつげを抜くと、角膜を傷つけたり、感染などの恐れもあるため、まずは眼科を受診し、正しい診断を得ることが薦められます。

生まれつきの睫毛乱生の軽いものは、成長につれて自然に治る場合が多いため、3歳頃までは様子を見ます。眼瞼内反も乳幼児に多いですが、これも成長につれて自然に治ることも多いため、通常、学童期までは外科的な治療は行いません。成長するにつれても治らないものや老人性のものについては、手術を行う場合があります。

 

点状表層角膜炎

角膜の表面に小さな点状の傷がたくさんでき、「目がゴロゴロする」といったような異物感や「まぶしく感じる」といった症状がみられる病気です。ひどくなると視力の低下につながる場合もあります。傷がつく原因としては、コンタクトレンズや逆まつげ、感染などがありますが、ドライアイや点眼薬の副作用による場合もあります。

まずは眼科を受診し、正しい診断を受けることが大切です。

 

角膜ヘルペス

多くの場合、以前に感染し、三叉神経節などに潜んでいたヘルペスウイルスが、紫外線、外傷、風邪、疲労などのストレスやステロイド薬の投与をきっかけに再発し、角膜ヘルペスを発症します。
発症すると、「目がゴロゴロする」、「まぶしい」、「涙が出る」、「目が痛い」などの症状があらわれます。角膜ヘルペスは、角膜の表面にできるタイプ(上皮型)と、表面より角膜内部の実質と呼ばれる部分にできるタイプ(実質型)に分かれます。上皮型の再発を繰り返すと、実質型に移行し、角膜の混濁による視力低下などが生じ重症化する場合があります。
治療の基本は抗ウイルス薬の投与ですが、実質型にはステロイド薬の点眼も行います。

まずは眼科を受診し、正しい診断を受けることが大切です。

 

雪目

雪目とは、 スキー場や海水浴場で強い太陽光を浴びたり、電気溶接を行ったことによって、目が長時間直接紫外線にさらされ、角膜の表面が傷つく病気です。強い紫外線にさらされてから6~10時間程度で、「結膜の充血」、「目がゴロゴロする」、「涙が出る」、「目が痛くてまぶしい」などの症状があらわれます。
治療としては、感染予防のために抗菌薬を点眼し、目の痛みに対しては鎮痛薬を使用します。通常1~2日程度で治ります。予防としては、強い紫外線にさらされる場所では、紫外線から目を保護するためのサングラスやゴーグルが有効です。

まずは眼科を受診し、正しい診断を受けることが大切です。

 

 

まとめ

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

目の充血

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。