眼の健康などの視力に関する情報発信

涙が止まらない・・病気もありえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

涙が止まらない・・病気もありえます。

「なみだ目(なみだが出る)」をひきおこす病気についてみていきましょう。

 

スポンサードリンク



 

はやり目

はやり目とはアデノウイルスによる感染症

はやり目とはアデノウイルスによる感染症はやり目・流行性角結膜炎は、アデノウイルスというウイルスの感染が原因となる病気です。
感染すると、5日~2週間の潜伏期間の後、「さらさらした目やにが出る」、「涙が出る」、「まぶしい」などの症状が現れます。
まぶたは腫れ、結膜はむくみ、充血がみられるようになります。
そして、発症1週間頃から角膜に点状の濁りが現れることがあります。
目の症状以外にも、耳前リンパ節の腫れ・圧痛が特徴的な症状としてみられます。
発症は夏に多く、1~5歳を中心とした小児に多いとされていますが、成人も含めて幅広い年齢でかかります。

きちんと治るまで登校、出社は停止

現時点では、はやり目の原因であるアデノウイルスに対して有効な薬剤はありません。しかし、アデノウイルスの感染を確認するためにも眼科受診による正しい診断は大切です。

はやり目自体は3週間ほどで自然に治りますが、別の細菌などの混合感染を予防するために、抗菌薬の点眼を行います。また、角膜の濁りがみられる場合には、ステロイド薬の点眼を行います。
なお、はやり目は、学校保健安全法により、感染力がなくなったと医師が判断するまでは学校へ出席できない疾患に指定されています。大人の場合も感染を広げないために出社は控えます。

はやり目をうつさない、うつらないために

アデノウイルスは、伝染性が非常に高いウイルスで、主に手を介して伝染します。
はやり目を家族にうつさないために、あるいは家族内でうつらないために、以下の点に注意しましょう。

手で目をこすらない
患者さんとそれ以外の人で、手や顔を拭くタオルを分ける
患者さんもその家族も流水でよく手を洗う
目を手やタオルで拭かず、ティッシュペーパーなどの使い捨てのものを使用する
お風呂は患者さんが最後に入る

 

 

逆まつげ

逆まつげが角膜を傷つける

まつげは本来、まぶたの縁から眼球とは反対側へカールし、眼球にあたらないように生えています。
しかし、「逆まつげ」では、何らかの原因でまつげが眼球の方へ向かっています。そのため、まつげが眼球にあたってしまい、ひどくなると角膜に炎症や潰瘍(かいよう)ができることもあります。症状としては目にゴロゴロするような異物感を感じたり、涙目になったり、目が痛む場合があります。

逆まつげになる理由

逆まつげには、大きく分けると、まつげが眼球に向かって生えてしまうタイプと、まぶたの縁が眼球側へ向かってしまうタイプがあります。まつげが眼球側に向かって生えてしまうタイプのものは「睫毛乱生(しょうもうらんせい)」と呼ばれます。これは、まつげの毛根の周辺で起きた炎症による傷跡などのために、まつげの生える方向が不規則になってしまうものです。一方、まぶたの縁が眼球側へ向いてしまうタイプのものは「眼瞼内反(がんけんないはん)」と呼ばれます。これは、皮下脂肪でまぶた(眼瞼)が膨らんでいる乳幼児でみられる先天性のものと、老化でまぶたの皮膚がたるんでしまった老人性のものに大きく分けられます。

 

逆まつげは自然に治る場合も多い

自分で逆まつげを抜くと、角膜を傷つけたり、感染などの恐れもあるため、まずは眼科を受診し、正しい診断を得ることが薦められます。

生まれつきの睫毛乱生の軽いものは、成長につれて自然に治る場合が多いため、3歳頃までは様子を見ます。眼瞼内反も乳幼児に多いですが、これも成長につれて自然に治ることも多いため、通常、学童期までは外科的な治療は行いません。成長するにつれても治らないものや老人性のものについては、手術を行う場合があります。

 

涙嚢炎

涙嚢炎とは、鼻への涙の流れが滞り、涙の通り道である涙嚢の中で菌が繁殖し、炎症がおこる病気です。涙や目やにが多くなり、涙嚢を圧迫すると膿が涙点から出てくるのが特徴です。ひどくなると涙嚢の周囲にまで炎症が広がり、涙嚢の部分の皮膚が赤く腫れ、痛みを訴える場合もあります。涙嚢の周囲まで炎症が広がってしまった場合は、内服や注射の抗菌薬を全身投与することもあります。また針を刺して膿を出してしまうこともあります。

まずは眼科を受診し、正しい診断を受けることが大切です。

 

角膜ヘルペス

多くの場合、以前に感染し、三叉神経節などに潜んでいたヘルペスウイルスが、紫外線、外傷、風邪、疲労などのストレスやステロイド薬の投与をきっかけに再発し、角膜ヘルペスを発症します。
発症すると、「目がゴロゴロする」、「まぶしい」、「涙が出る」、「目が痛い」などの症状があらわれます。角膜ヘルペスは、角膜の表面にできるタイプ(上皮型)と、表面より角膜内部の実質と呼ばれる部分にできるタイプ(実質型)に分かれます。上皮型の再発を繰り返すと、実質型に移行し、角膜の混濁による視力低下などが生じ重症化する場合があります。
治療の基本は抗ウイルス薬の投与ですが、実質型にはステロイド薬の点眼も行います。

まずは眼科を受診し、正しい診断を受けることが大切です。

 

スポンサードリンク



 

雪目

雪目とは、 スキー場や海水浴場で強い太陽光を浴びたり、電気溶接を行ったことによって、目が長時間直接紫外線にさらされ、角膜の表面が傷つく病気です。強い紫外線にさらされてから6~10時間程度で、「結膜の充血」、「目がゴロゴロする」、「涙が出る」、「目が痛くてまぶしい」などの症状があらわれます。
治療としては、感染予防のために抗菌薬を点眼し、目の痛みに対しては鎮痛薬を使用します。通常1~2日程度で治ります。予防としては、強い紫外線にさらされる場所では、紫外線から目を保護するためのサングラスやゴーグルが有効です。

まずは眼科を受診し、正しい診断を受けることが大切です。

 

 

まとめ

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

目の充血

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。