眼の健康などの視力に関する情報発信

「眼精疲労」ってなんだろう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

眼精疲労」ってなんだろう?

眼精疲労は視力の低下や眼病の原因になるということはよく知られていますが、実はその他にも体に与える影響はいろいろあります。ここで眼精疲労とはどんな症状なのか?また眼精疲労を予防・緩和するための対策や生活習慣について一緒に考えてみましょう!

パソコンやスマホの操作時間が長い人の中には目が充血したり、かすんだりするのが当たり前になっているという人もいるのではないでしょうか?まずは眼精疲労とはなんなのか、その原因について説明していきます。

 

スポンサードリンク



 

■眼精疲労と疲れ目との違い

眼精疲労とは目を使う作業を続けることによって、目の充血やかすみ、ぼやけ、目の痛み、灼熱感、まぶしさ、長期的に見た視力の低下といった目の症状や頭痛や肩こり、首の痛みや吐き気といった体に起こる症状が休憩や睡眠をとっても改善しない状態のことを指します。

疲れ目の症状と似ていますが、眼科的には休憩や睡眠をとることで軽減するのが疲れ目、休憩しても眠っても症状が続くのが眼精疲労とし、眼精疲労の症状のほうがより重いことが特徴となっています。

また眼精疲労は目の症状だけではなく、全身症状が起こることも少なくありません。肩こりや頭痛といった一般的なものから、胃の痛み、背中の痛み、食欲低下、緊張やイライラ、不安感、やがては抑うつ状態まで引き起こすケースもあるのです。

パソコンやスマホなどVDT作業が多い方で「最近、なんとなく体の調子が悪い…」「頭痛が慢性化している」という方は眼精疲労が原因で不調が起きている可能性を疑ってみる必要があるといえるでしょう。

 

■眼精疲労が起こる原因


VDT機器が普及する以前は眼精疲労の原因といえば、

目の合わないコンタクトやメガネを使用する
老眼の方が長時間、近くにあるものを見続ける
近視や乱視といった屈折異常と呼ばれる症状
ドライアイ
などによって起こることがほとんどでした。

しかし最近ではVDT作業やブルーライトの影響やエアコンによる乾燥が原因となるドライアイなど、環境的な要因によって引き起こされることが多く、眼精疲労を訴える人の若年化も進んでいます。

また眼精疲労はストレスや自律神経の不調など精神的な要素によっても悪化すると言われています。この場合、眼精疲労が起こることによってさらに気持ちが落ち込んでしまうという悪循環を起こすので、よりいっそう注意する必要があるでしょう。

 

■偏頭痛は眼精疲労が原因


眼精疲労の症状のなかでもっとも起こりやすく、つらい症状であるのが頭痛です。女性に多い、偏頭痛の症状も眼精疲労が原因で起こることが多いのです。

パソコンやスマホの画面を見続けるなど、長時間、同じ姿勢を取り続けると首や肩の筋肉が緊張し、その結果、頭痛が起こります。これは「緊張型頭痛」とも呼ばれ、全身の倦怠感が起こりやすくなります。

またこめかみ部分に激しい痛みが起こる偏頭痛も眼精疲労の影響で起こることが分かっています。偏頭痛は女性に多いのが特徴ですが、実は眼精疲労の症状のひとつであるドライアイもホルモンバランスの影響で男性より女性に起こりやすいことが分かっているのだそう。女性の皆さんはより眼精疲労を予防する対策をとる必要があるといえそうですね。

 

スポンサードリンク


■VDT作業は1時間に1回休憩、夜間は控えめに


 

パソコンやスマホを使用するときには正しい姿勢で行い、連続作業は1時間までにしましょう。1時間ごとに10分程度の休憩をはさむようにしてください。

また就寝前2時間にブルーライトを浴びると睡眠が浅くなり、眼精疲労も回復しにくくなります。夜間のパソコン、スマホの作業はベッドに入る2時間前までに終わらせましょう。

 

■眼精疲労を防ぐツボを覚えておこう

眼精疲労を防ぐツボを覚えておいて、休憩時間に優しく押してみましょう。ツボを刺激するときは爪を立てず、指でいた気持ちいいくらいの力加減で行うのがポイント。ツボなら周りの人に気づかれることなく、いつでもどこでも刺激できます。

攅竹(さんちく)・・・眉頭の部分
糸竹空(しちくくう)・・・眉尻部分
合谷(ごうこく)・・・手を開いたときに人差し指と親指の骨が合わせる部分、やや人差し指よりのくぼみにあるツボ。肩こりの改善や美肌効果も。
自宅にいるときは電子レンジで温めた蒸しタオルを首にのせてみるのも効果的です。

 

■眼精疲労を防ぐストレッチ

目の筋肉を動かすストレッチも眼精疲労の予防に効果的です。まず片方の人差し指を立てて手をめいいっぱい正面に向かって伸ばします。もう片方の人差し指は目から10センチくらいの距離に合わせ、両方を交互に見る動作を5回繰り返します。

さらに顔を動かさないようにしながら、両目で思い切り左を見る、右を見る、上を見る、下を見るという作業を繰り返してください。こちらはピントを合わせる効果が期待できます。

まとめ


 

目のかすみやぼやけ、充血や痛みといった症状から頭痛、肩こり、首や背中、腰の痛み、全身の倦怠感まで引き起こす眼精疲労。日常的に疲れ目が起きている方やパソコンやスマホの画面をみる時間が長い方は特に注意が必要です。

 

 

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。