眼の健康などの視力に関する情報発信

レーシックって何歳から何歳までOKなの?中学生の息子が近視

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

「息子が近視で眼鏡を嫌がるのよ」




「じゃあコンタクトレンズだね」




「でもコンタクトってわずらわしくない?」




「それならレーシック手術はどう?」



「中学生でもレーシックっていいの」





眼鏡もコンタクトも無しで、ものが見られるって
いいですよね。



今回はレーシック手術を受けられる年齢について
解説します。

スポンサードリンク




レーシックとは


眼の表面の角膜をレーザーで削ぎとり、



角膜の形を変えることによって角膜の異常を



正しくする手術です。






近視・遠視・乱視を矯正する屈折矯正手術


レーザーで角膜を削る前に、フラップとよばれる


蓋のようなものを角膜の表面に作っておくので、


手術後の傷を保護することができます。






痛みが少なく視力の回復が早いのが特徴です。





何歳から?

ea8d1ec62ab5e3296445dbb085f865ed_s




日本眼科学会が出してるレーシックのガイドラインによると



18歳から受けられることになっています。









ただし未成年は保護者の同意が必要になっています。







つまり中学生は親の同意が合っても


レーシックは受けられないことになっています。







なぜかと言うと


10代の成長期は目の視力が安定していないから


近視、乱視、遠視の度数がコロコロ変わるからです。



スポンサードリンク







では何歳まで受けられるの?



レーシック手術は何歳まで?

7a8ae198bb0931245eae435184c0e775_s


レーシックの適齢期は20歳から40歳位といわれています。




40過ぎると老眼や白内障の疑いもあるのです。









老眼は、角膜ではなく、水晶体の老化現象です


ので角膜を手術しても視力回復効果が得られない可能性のほうが


高いのです。






一方の白内障も水晶体がにごる現象なので



レーシックでの視力回復は難しいと考えられます。





ただし、老眼も白内障も、目の老化現象であり、


老化の速度は個人差が大きくなります。




40代で老眼を自覚する人もあれば、


60才をすぎてようやく白内障になる人もいます。




適応検査の段階で支障がなければ、

50代でレーシックを受けることはできます。






まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s



レーシック手術は18歳からである。




20代~40代が適齢期である。




50歳くらいだと老眼や白内障でレーシックの効果はうすい。





「じゃ私ことしで40歳だからちょうどいい?」



「そうだね、息子じゃなく自分が適応検査受けてきたら?。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。