眼の健康などの視力に関する情報発信

気になる!目の充血の原因は??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

充血の原因

目が充血する原因は、外部からの刺激や病気による炎症と、目の酷使による疲れなどが考えられます。

 

目の炎症

目の炎症は、外部からの刺激や、病気によって引き起こされます。

 

外部からの刺激

最近、次のようなことで目に負担をかけたり、刺激を与えたりしませんでしたか?

目にゴミなどが入った
コンタクトレンズの調子がよくない
屋外で長時間紫外線を浴びた
目を強くこすった
プールで泳いだ(消毒用塩素の刺激)
目の充血がなかなか取れない場合は、目の病気が原因かもしれません。アレルギー性結膜炎(花粉症)や感染性結膜炎、ドライアイ、ぶどう膜炎といった病気では、炎症による充血を引き起こすことがあります。

 

 

2 )目の疲れ

目を酷使する環境にいる場合や、目の休息を十分にとっていないと、充血があらわれる場合があります。次のようなケースに心当たりはありませんか?

 

長時間パソコンなどのディスプレイを見続けている
寝不足が続いている

 

 

 

充血のしくみ

 
充血とは、目の炎症や疲れなどが原因で、目の血管が膨らんだ状態のことです。目の血管は普段は細いため、外からは目立って見えないのですが、血管が膨らむと目立つようになり、目の表面が赤く見えます。

 

1 )目の炎症が原因の場合

目にゴミが入る、あるいは、アレルギー物質や細菌から刺激を受けると、結膜が異物を排除しようと炎症反応が起きます。その炎症反応の1つとして、目の血管が膨らみます。

 

2 )目の疲れが原因の場合

身体と同じように、目も疲れてくると、回復のために酸素や栄養を多く必要とします。そのため、酸素や栄養をたくさん運ぼうとして、目の血流量が増えて血管が膨らみます。

 

アルコールを飲んだときにも目が充血することがあります!

アルコールには、血管を太くして血流量を増やす作用があります。そのため、お酒を飲むと、目の血管が広がり、充血が起こる場合があります。

 

 

充血のケア

目の不調を訴えるサインを正しく理解して、目をいたわりましょう。

 

目にゴミやほこりが入ったとき、プールに入ったとき

目薬などで目に入った異物を洗い流すなどして、清潔に保ってください。

 

コンタクトレンズの調子がよくないとき

涙の成分に近い人工涙液タイプの目薬を点眼してください。それでも不快感や充血が続く場合は、コンタクトレンズの装用をやめて眼科を受診してください。

 

屋外で長時間紫外線を浴びたとき

炎症を抑える効果のあるグリチルリチン酸二カリウムやイプシロンーアミノカプロン酸の入った目薬を使用すると、紫外線による炎症が治まります。ただし、夏の海や山、冬の雪山へ行くときは、紫外線をカットするために、帽子やサングラスを活用しましょう。

 

病気の場合

アレルギー性結膜炎(花粉症):かゆみを抑えるクロルフェニラミンマレイン酸塩やアレルギー作用を抑えるクロモグリク酸ナトリウムを配合した目薬を点眼してください。
細菌性結膜炎:細菌の発育や増殖を抑えるスルファメトキサゾールの配合された目薬を点眼してください。

スポンサードリンク


目を長時間酷使したとき、寝不足のとき

 

まずは食事と休養をしっかりとり、規則正しい生活を心がけてください。目に直接栄養を与えるために、パンテノールやタウリンの入った目薬を点眼するのも有効です。

 
もし、すぐに充血を取り除きたい場合は、塩酸テトラヒドロゾリンやナファゾリン塩酸塩という成分が入った目薬を使ってみてください。膨張した血管を収縮させる効果があるので、充血を鎮めてくれます。
白目が真っ赤になった場合はどうすればよいの?
白目が広範囲にべっとりと真っ赤になっている場合は、目の血管が破れて内出血を起こしている可能性があります。

このような状態を「結膜下出血」と呼びます。通常は1~2週間で出血がひくので、安静にしていることが大切です。

ただし、なかなか赤みがひかない場合や、血管の病気を持っている方は、眼科医に相談してください。
 

 

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

<span style=”color: #ff6600;”>よろしければシェアやコメント等</span>

<span style=”color: #ff6600;”>してくださると幸いです◎</span>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。