眼の健康などの視力に関する情報発信

目やにが多い!考えられる病気は?放置していいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

目やにが多い!考えられる病気は?放置していいの?

目やには、医学用語では「眼脂(がんし)」といい、皮膚の垢のような、生理的な分泌物です。 目のゴミをくるんで外に出す働きがあり、代謝により角膜・結膜から脱落した古い細胞などが含まれています。

今回は目やにについてです。

目やにとは


「目やに」とは一言で表すと「目の老廃物」です。

人間の皮膚や髪の毛、爪など、あらゆる細胞や組織は一定の期間で入れ替わっています。目の粘膜も同様で、目に入り込もうとした細菌や異物などを取り込み、それらが目やにとして体外に放出されています。

したがって、ホコリなどの不純物が多い環境にいたり、風邪をひいた時などは体内に入り込もうとした異物や細菌とより多く戦うため、結果として目やにが大量に出されるという仕組みになっています。

 

 

目やにの原因

コンタクトレンズ

コンタクトレンズは目にとって異物と判断されるため、目やにが大量に出る原因の一つとなります。

特に装着時間を守らなかったり、雑菌がついた状態のコンタクトレンズを装着してしまうと、目やにが大量に出る原因になるだけではなく結膜炎などの直接的な原因にもなるため十分な注意が必要です。

 

 

花粉やハウスダストなどのアレルギー

目の結膜が、花粉やハウスダストなどのアレルギー物質の刺激を受けて炎症を起こすと、涙が増えるために目やにが出ます。
花粉など決まった季節にあらわれるものと、ダニなどのハウスダストによって1年中症状が続くものとがあります。

 

目やにの原因となる主な疾患

ウイルスや細菌の感染によって起こる結膜炎では、目やにが大量に出るのが特徴です。
アレルギー性結膜炎やアレルギー性結膜炎の重症型といわれる春季カタルでも目やにが出ます。
また、涙嚢(るいのう)炎では、大量の目やにや膿に悩まされます。

 

 

目やにをともなう主な疾患

細菌性結膜炎

結膜炎は一般的に、充血、目やに、かゆみ、涙目、ゴロゴロする異物感などの症状があらわれます。黄色ブドウ球菌などに感染して起きる細菌性結膜炎は、黄色い膿のような目やにが特徴です。
感染力は強くありませんが、抵抗力が弱い高齢者や乳幼児などでは慢性化することがあります。

 

ウイルス性結膜炎(はやり目)

アデノウイルスなどに感染して起きるウイルス性結膜炎は、まぶたが腫れて充血し、目やにや涙がたくさん出たりする他、耳の前にあるリンパ節にしこりができることもあります。
また、同じアデノウイルスが原因となる咽頭結膜熱(プール熱)は、目のかゆみとのどの痛みや発熱、だるさ、吐き気、下痢などの全身の症状をともないます。

 

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎は、アレルギーの原因となる異物が結膜に入ることで目に充血や強いかゆみが起きて、涙や白い糸をひくような目やにが出ます。
さらに結膜がむくんで白目の部分がブヨブヨと柔らかくなることもあります。
ハウスダストが原因の通年性のものとスギなどの花粉が原因の季節性のものがあり、最近ではコンタクトレンズの汚れがアレルギーの原因になることもわかってきました。

 

春季カタル

アレルギー性結膜炎の重症型が春季カタルです。
強いかゆみやまぶしさに加え、粘りが強い目やにが出て、とくに春から夏にかけて症状が悪化する傾向があります。
さらに悪化すると、まぶたの裏に白いブツブツができます。
アトピー性皮膚炎を持つ子どもに起こりやすく、男児は女児と比べて2倍くらい多くみられます。

 

涙嚢(るいのう)炎

涙道が詰まって、涙道にある涙嚢という小さな袋が細菌感染を起こしたのが涙嚢炎です。
鼻の辺りが腫れて痛みが生じ、目は充血して赤くなり、涙が止まらずに目やにが出ます。
ひどい場合は熱が出たり顔の半分が腫れたり、目頭を押すと目から膿が出ることもあります。

※上記疾患が心配な場合には、早めに医師の診察を受けましょう。

 

 

予防法とは

部屋をこまめに掃除し清潔に保つ

花粉、ハウスダスト対策は、部屋の掃除をこまめに行うことや通気を良くすることが大切です。
ただし、花粉を外から室内に持ち込まないためにも、花粉の時期に窓を開けたり洗濯物を外に干すことは避けましょう。
ダニの繁殖を防ぐために、カーペットは敷くのを止めるか、こまめに掃除機をかけたり時々丸洗いすることをおすすめします。

 

細菌やウイルスから目を守る

(1)手で目をこすらない、(2)帰宅後はよく手を洗う、(3)結膜炎にかかっている人とタオルなどの生活用品は別々にする、(4)プールから出たらよく洗眼し、目薬をさすなどして、細菌やウイルスから目を守りましょう。

 

スポンサードリンク


対処法

目やには綿棒で取り除く

目やにを触った手から他の人に感染が広がることがありますので、目やには手で触れないように、綿棒やティッシュ、ガーゼでそっと取るようにしましょう。
乾いてこびりついてしまった目やにを無理に取ろうとすると、目の周りの皮膚を傷つけることになりかねませんので、その場合は水やお湯で少し湿らせてから取りましょう。

 

 

 

まとめ


 

「たかが目やに」と侮らないでください。

医療機関で診察を受けるようにしてください。

目やにの原因の中に結膜炎も考えられます。

家族や職場、学校での配慮も必要になるケースもあります。

正しい知識を身につけて、被害が広がらないように心がけましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。