眼の健康などの視力に関する情報発信

眼精疲労(目の疲れ)はなぜおこる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

眼精疲労(目の疲れ)はなぜおこる?
目を使うといえば、従来はテレビや読書程度でした。パソコン、携帯電話、携帯ゲーム機などが普及している現代では、常に目を酷使している状態かもしれません。
眼精疲労は、目が痛い、頭が重く痛い、圧迫感がある、目がかわく、ものが見えにくくなるなどの症状として現れます。肩こりやめまい、胃部不快感が伴う場合もあり、非常につらいものです。

スポンサードリンク



 

眼精疲労の原因

メガネやコンタクトが合っていない

細かい活字を長時間見続けた、パソコン作業や車の運転を長時間続けたなど
目に異常がある(屈折異常、老眼、ドライアイなど)
体調が悪い(過労、睡眠不足、内科疾患、更年期障害など)
ストレス

 

肩こりの予防・改善


姿勢を正しくする 自分に合った枕や寝具を選ぶ 長時間の同一姿勢をさける 無理なダイエットをしない 肩を冷やさない パソコンのディスプレイを長時間見続けない 片方だけの肩を酷使しないようにする 適度な運動を日常的に行う 疲労をためない 首や肩関節周辺のストレッチングを行う ストレスをためない 栄養バランスの良い食事をする

スポンサードリンク


疲れ目予防・改善

適切なメガネ、コンタクトレンズをする 十分に睡眠をとる パソコンのディスプレイを長時間見続けない エアコンなどの風を直接目に当てない 目の休息を心がける 紫外線を浴びない 悪い姿勢で読書などをしない ストレスを解消する 読書時やパソコン作業時に合った照明を選ぶ
ほかに蒸しタオルを目の部分にあてる、ディスプレイをやや上方から見る、などがあります。

まとめ

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。