眼の健康などの視力に関する情報発信

老眼回復や改善する方法、どこでも簡単です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

老眼回復や改善する方法、どこでも簡単です

スマホやパソコンの普及で目の不調に

悩む人が増えています。

近くの小さな字が読みづらかったり、ピ

ントを合わせづらくなって気づく「老眼」。

老眼は誰にでも起こる目の老化現象ですが、

トレーニングをすることで、老眼を予防し

たり進行を遅らせることができます。

 

スポンサードリンク



 

 

遠視と老眼のちがい


 

遠視は屈折異常で

老眼は調節異常です。

目の屈折状態は眼軸の長さとレンズであ

る角膜・水晶体の屈折力によって決定さ

れます。

眼軸の長さが長すぎたり、短すぎたりす

ると、遠くのモノが網膜にピントが合わ

なくなります。

遠視は網膜の後方でピントが合うという

屈折異常であり遠くについては調節力が

足りてみえるが、近いところで調節力が

不足し見えないのに対し、老眼は老化に

よる調節機能の低下で調節できる範囲が

少なくなり、遠くが見える人は近くが見

えなくなり、近くが見える人は遠くが見

えなくなります。

スポンサードリンク


遠近ストレッチ


老眼トレーニングでは、こり固まった毛

様体筋をほぐしたり、鍛えたりすること

で目のピント調節機能を改善します。

やり方はとても簡単です。

①目の前15センチほどの位置に人差し指を立て、両目で5秒間見つめる

②指先を見つめたまま腕をゆっくり伸ばしていく。腕が伸びきったところで、指先を5秒間見つめる

③視線を指先から部屋の中のカレンダーや時計、または窓の外の山やビルなど遠くの目標物に移し、5秒間見つめる

④①?③の手順を逆にたどる。腕を伸ばした状態の指先に視線を戻し、5秒間見つめる。さらに、指先を見つめたまま指をゆっくりたたみ、最後は目の前15センチの位置で指先を5秒間見つめる

①?④を1セットとし、1日5セット程度行ってください。時間帯はいつでもかまいません。目の疲れを感じる場合は無理をせず、初めは少なめのセット数で行いましょう。

 

まとめ


 

老眼は病気ではありません。

老化現象で誰にでも起こるのが老眼です。

老眼とは、モノを見るときにピントを合

わせる目の調節機能の衰えが原因で起こ

るのです。

遠近ストレッチは視線移動をくり返すト

レーニングです。

目の中でピント調節の役割を果たす「毛様

体筋」を動かすことで、柔軟性が保たれます。

その結果、老眼や近視の進行を抑えることが

できるのです。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。