眼の健康などの視力に関する情報発信

歳をとっても筋肉を維持する!老眼の予防にも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは!!

老眼も目のピントを合わせる筋力が

落ちたから

なぜ年を取ると筋力は落ちるので

しょうか?

 

それは、筋肉を構成する筋線維が

小さくなり、筋線維の数が減ってくる

からです。

 

詳しく解説していきます。

 

スポンサードリンク



 

筋線維

筋線維の大きさは30歳がピークで

その後減っていきます。

 

高齢になるほど、早い動作ができなく

なるのです。

 

筋線維の数は25歳から65歳まで

約25%減少し、その後80歳まで

25%減少します。

 

つまり、歳をとると筋力は落ちてくる

のです。

 

 

鍛えると

高齢になっても筋力は鍛えれば、強く

なるのです。

 

筋力はいくつになっても鍛えてふやす

ことはできるのです。

 

 

下半身の筋肉

50歳を過ぎたら、下半身の筋力を

衰えさせないことです。

 

太ももの前側の筋肉の大腿四頭筋を

鍛えることです。

 

この筋肉は、普通にしていたらなか

なか鍛えられません。

 

歩いただけでは鍛えられません。

 

階段を上るのです。

 

普段の生活でエレベーターやエスカ

レーターを使わず、階段を使いましょう。

 

さらに腹筋、背筋、尻の筋肉、腰の筋肉

なども大事です。

 

普段から意識して筋力を衰えないように

しましょう。
スポンサードリンク


トレーニング

40歳からトレーニングをしておきましょう。

 

そうすれば50歳になっても筋力を維持

することはできるはずです。

 

さらに、筋力が大きく落ちる60歳になっても

筋力を維持することはできるでしょう。

 

 

できる範囲の運動


 

いくつになっても、自分の年齢に応じて

できる範囲の運動をして、筋力を維持しましょう。

 

いつまでも若々しい筋肉を保ちたいですよね。

 

運動するのもしないのもあなた次第です。

 

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

老眼が始まる時期は体力も低下しています。

さらにストレスも増えてきています。

 

そんな時は目の負担も大きくなっています。

ストレスが原因になっている目の病気も

あります。

 

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病

などの目の病気の原因になります。

 

過労や睡眠不足など体力の低下している

時にも目が疲れやすくなります。

 

全身の健康は目の健康につながります。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。