眼の健康などの視力に関する情報発信

白内障の治療の費用は?保険適用と自由治療について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

自分に適した手術をするのにいくら

かかるのでしょうか?

 

また、保険適用の手術と自由治療の

違いは何でしょう?

 

解説していきます。

スポンサードリンク



 

 

保険適用の手術

白内障の治療には健康保険3割負担では、

手術前・手術後の検査にかかる費用は

2万円程度・・

 

手術費用は眼内レンズの費用も含め

片目で4~5万円になります。

 

合計で片目だけで6~7万円

両目で12~14万円かかることになります。

 

また、70歳以上の方は1割負担になるので

片目で2万円

両目で4万円程度です。

 

健康保険が適用されないレンズ


 

健康保険が適用されない眼内レンズを

使用する場合は自由診察となり、すべてが

自己負担になります。

 

しかし、白内障治療の多焦点眼内レンズは

保険適用外ですが、厚生労働省が定める

先進医療制度が適用され、先進医療となる

部分は自己負担ですが、検査や薬など

は健康保険が適用されます。

 

多焦点眼内レンズを使う場合、

手術費用は自己負担で、

検査費用なども含めたら

片目で45万円

両目で90万円かかることになりますね。

 

保険診察と自由診察を比べるとかかる

費用がかなり違ってきますね。

 

なので保険診察でもいいと思いますが

自由診察のいいところは何でしょう

 

 

自由診察なら

眼内レンズで保険診察が可能なのが

単焦点眼内レンズだけなのですが、

自由診察ならいろいろな種類のレンズから

選ぶことができます。

 

多焦点眼内レンズ

最新の短焦点眼内レンズ

乱視矯正単焦点レンズ

多焦点レンズなど、たくさん種類があり

自分に最も合ったレンズを選ぶことができます。

 

最先端の技術

精度の高い技術が求められます。

 

レーザーを使った方法なら角膜などの

切開や、濁った水晶体を砕く作業は、

非常に正確に行えます。

 

しかし、レーザー治療は先進医療には

なっていないので全額負担になります。

 

多焦点眼内レンズを使用した場合でも

レーザーを使うと片目につき数万円高く

なります。

 

しかし、より正確で安全な手術ができ

また、質の高い視力を得られます。

 

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

白内障治療の自由診察は保険診察に

比べて料金は高くなってしまいますが

保険診察の枠にとらわれない、さまざま

な選択ができるというメリットが

あるのですね。

白内障の時期は体力も低下しています。

さらにストレスも増えてきています。

 

そんな時は目の負担も大きくなっています。

ストレスが原因になっている目の病気も

あります。

 

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病

などの目の病気の原因になります。

 

過労や睡眠不足など体力の低下している

時にも目が疲れやすくなります。

 

全身の健康は目の健康につながります。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。