眼の健康などの視力に関する情報発信

脳の老化で注意しなくてはいけないこと、老眼対策にも生活習慣がかかわってる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは

脳の老化で最も怖いのは、

認知症になってしまうことです。

 

歳相応に記憶力が低下したり

発想力が低下するのは仕方がないと

しても、その脳細胞の減り方を

遅くすることは可能です。

 

生活習慣や頭をうまく働かせる

ことによって脳細胞は減り方が

遅くなるのです。

 

スポンサードリンク



 

遺伝的要因


 

高齢になっても体も頭も元気な人もい

ます。

 

それには、持って生まれた体の丈夫さ

頭の働きの良さなど、遺伝によるものが

大きいのです。

 

遺伝的な要素として、筋肉が付きやすいか

などや、親が糖尿病ならインスリンが出に

体質なので自分も糖尿病になりやすいなど

です。

 

生活習慣によるもの


 

頭も体も性格も、遺伝によるものが半分

だとしたら、残りの半分は環境など生活

習慣によるものと言えます。

 

つまり、糖尿病だとしたら食生活と運動の

習慣によって、インスリンの働きを活発に

することで血糖値を下げることが可能です。

 

生活習慣によって、遺伝子の働きを変える

ことができるのです。

 

そこで、日常生活において、頭をつかい

体を動かす習慣をとるようにします。

 

 

認知症

認知症は血管性とアルツハイマー病です。

 

アルツハイマー病の素の脳の老人斑は

歳をとれば仕方がないことなのですが

血管性の認知症の場合、血管を健康に

保つことで予防は可能です。

 

 

血管の健康を保つということは、


 

高齢になれば脳の血管は知らずに小さな

梗塞を起こしていますが、それによる

影響が出ないのは、脳の中でパイバスが

作られるからです。

 

しかし、それによって脳細胞は死んで

行き、脳梗塞や、脳卒中の原因を作り

ます。

 

つまり、血管の健康を保つことが、脳の

老化を遅くして、体の老化も防ぐのです。

 

 

老眼対策

若さは日常生活から作られるもので、

何か特別なことをしたり、難しい

ことをしなくても、日常生活の習慣を

変えることで若さを保つことができ

老眼の対策にもなるのです。

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

老眼が始まる時期は体力も低下しています。

さらにストレスも増えてきています。

 

そんな時は目の負担も大きくなっています。

ストレスが原因になっている目の病気も

あります。

 

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病

などの目の病気の原因になります。

 

過労や睡眠不足など体力の低下している

時にも目が疲れやすくなります。

 

全身の健康は目の健康につながります。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。