眼の健康などの視力に関する情報発信

白内障のタイプ別注意することとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

白内障で特に注意したいのは

進行スピードが速く、処置の緊急性

があるタイプです。

 

水晶体の濁り方の違いによって

進行のスピードは違いがあり、

すぐに手術をしなくてはならない

ケースもあります。

 

白内障の濁り方のタイプについて

解説していきます。

スポンサードリンク


核白内障

白内障の中で、最も早く手術を受けな

いとならないタイプです。

 

核白内障は、水晶体の中央の核から

濁りが広がります。

 

核はもともと硬いのですが、濁って

来るとますます硬くなってしまいます。

 

水晶体が硬くなると超音波乳化吸引術

も難しくなり、時間もかかってしまいます。

 

核白内障の自覚症状として

色彩感覚の変化があります。

 

核は硬くなるとやがて褐色になり

何を見てもくすんだ色に見えてしまいます。

 

また、核が大きくなってくると光の屈折率

が変化して、一時的に近視のようになり

メガネの度数を変える人も多いです。

 

核白内障は色の見え方やメガネの度数に

変化が生じたらすぐ受診してください。

 

 

後嚢下白内障

 

水晶体の後ろ側から濁ってくるタイプです

発症の割合は高くないのですが、一度発症

してしまうと重篤化してしまいます

 

後嚢下白内障の特徴は極端な視力の低下で

す。

 

放っておくと失明の危険もあります。

 

中央から濁ってくるので早くに光の通り方に

影響が出て、まぶしく感じます。

 

後嚢下白内障は急激な視力低下や

光を敏感に感じるなどの変化があったら

すぐに受診してください。

 

スポンサードリンク



 

皮質白内障

水晶体の外側の皮質から濁ってくる

タイプです。

 

白内障の中で最も多いタイプです。

 

緊急性はないが、進行の遅さが原因で

白内障を気付かないことも多いです。

 

濁りが中央に達するまで視力に影響

しないので、何年も気が付かないことも

起こります

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

白内障が始まる時期は体力も低下しています。

さらにストレスも増えてきています。

 

そんな時は目の負担も大きくなっています。

ストレスが原因になっている目の病気も

あります。

 

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病

などの目の病気の原因になります。

 

過労や睡眠不足など体力の低下している

時にも目が疲れやすくなります。

 

全身の健康は目の健康につながります。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。