眼の健康などの視力に関する情報発信

昔の白内障の治療法とは、現在は20分で終わってしまう白内障手術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは

現在行われている白内障の手術は

身体への負担も少なく、

20分くらいで終わってしまいます。

 

このような手術が行われるようにな

って20年しかたっていません。

 

それでは、それ以前はどのような治療

を行っていたのでしょう。

 

白内障の手術の歴史について解説

していきます。

 

スポンサードリンク


古代インドの白内障手術

白内障の手術は古代インドでも行われて

いたそうです。

 

その手術方法は、目の中に細い針を突き

さしたり、

目をたたいたりして衝撃を与えて、

濁った水晶体を奥に押し込み、眼球の

中に落としてしまうやり方でした。

 

濁った水晶体がとれると、光がとおり

ものは見えるようになります。

 

ただし、ピントは合っていません。

 

当然、こんな乱暴は手術はでは、

衛生環境や医療状況を考えれば

白内障の手術後に感染症などを併発

して、失明してしまう人も多かった

でしょう。

 

水晶体全摘出術

1750年ころから、目の一部を切り取って

水晶体と周りの組織を一緒に取り出す

水晶体摘出術が行われるようになりま

した。

 

この方法でもピントが合わないので

度の強いメガネが必要でした。

 

 

眼内レンズの誕生

その後の白内障の手術は、様々な

試行錯誤が行われていましたが

その中で眼内レンズの誕生です。

 

眼内レンズを発明したのがイギリスの

眼科医であるハロルド・リドリーです。

その発明の経路は・・

第二次世界大戦中、彼は飛行機のコ

ックピットの天蓋の破片が目に刺さった

戦闘機のパイロットを診察しました

 

普通なら炎症を起こし失明している

はずが、驚いたことにまったく炎症が

起きていなかったのです。

 

そこでリドレーはコックピットの天蓋

の素材であるアクリルで水晶体の代わり

の物を作れないかと考えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1970年後半になり、それまで水晶体と

その周辺組織を丸ごと取り出していたも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のが、水晶体を包む嚢を残す手術ができ

るようになりました。

嚢を残すことは入れた眼内レンズがより

安定して固定できるのです。

その手術法は嚢を大きく切って行う

水晶体嚢外摘出術は、傷口が大きくなって

しまうので縫合の必要が出てきてしまう

ので、手術後に合併症や乱視が出たり

資力回復に時間がかかりました。

超音波乳化吸引術

超音波乳化吸引術は角膜を小さく切って

そこから器具を挿入して水晶体を砕き

それを吸い取る方法です。

この方法なら傷口が小さいので目への

負担も軽いので、現在最もひろくおこなわ

れている手術法です。

しかし、白内障が進んでくると核が固く

大きくなってしまうとこの方法では

核を砕けなかったりして超音波乳化吸引が

できないこともあります。

その場合は水晶体嚢外摘出術で行わなけ

ればならないことになってしまいます。

このような状態にならないように

白内障の手術は早めに見切りをつけ

たほうがいいです。
スポンサードリンク


まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s 白内障が始まる時期は体力も低下しています。

さらにストレスも増えてきています。

 

そんな時は目の負担も大きくなっています。

ストレスが原因になっている目の病気も

あります。

 

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病

などの目の病気の原因になります。

 

過労や睡眠不足など体力の低下している

時にも目が疲れやすくなります。

 

全身の健康は目の健康につながります。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。