眼の健康などの視力に関する情報発信

白内障は目薬では治らない?治療には手術が必要です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは

今回は「白内障は薬では治らない」

です。

白内障に使用する目薬の効果は

あくまで進行を遅らせることです。

白内障は生活習慣や薬で治療はできな

いのです。

 

スポンサードリンク



 

白内障と診断されたあと

白内障の検査で白内障と診断された場合

視力や見え方が普段の生活で不自由で

なければ、大抵の場合目薬で経過観察

です。

 

この点眼治療を長く行っても、目薬で

白内障の振興を遅らせることはできても

治す力はないのです。

 

白内障を発症してしまったら、

水晶体の濁りを目薬でも内服液でも

取り除くことはできないのです。

 

このため、白内障の治療には手術しか

ないということです。

 

 

目薬の効果


 

白内障と診断されると

ピレノキシン

グルタチオン

などの目薬が処方されます。

 

ピレノキシンは、水晶体のタンパク質

が変性するのを抑える働きがあります。

 

初期の白内障の進行を遅らせる効果が

あります。

 

グルタチオンは水晶体に多く含まれている

アミノ酸が白内障の進行とともに減少して

行くのでグルタチオンを補い白内障を遅ら

せます。

 

目薬でどの程度進行を遅らせることができ

るのかには、個人差があり一概には言えま

せん。

 

つまり、点眼していても白内障は確実に

進行しています。

 

点眼には、白内障の進行を止める力は

ないので白内障の「進行がゆっくりになる」

程度の力しかないのです。

 
スポンサードリンク


白内障手術

できるだけ早い時期に手術を受けてしまえば

それだけ長い間、本来あるべき視力の下で

生活ができます。

 

豊かな日常生活を送ることができるというと

ですね。

 

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s 白内障が始まる時期は体力も低下しています。

さらにストレスも増えてきています。

 

そんな時は目の負担も大きくなっています。

ストレスが原因になっている目の病気も

あります。

 

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病

などの目の病気の原因になります。

 

過労や睡眠不足など体力の低下している

時にも目が疲れやすくなります。

 

全身の健康は目の健康につながります。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。