眼の健康などの視力に関する情報発信

白内障の見え方の注意、自分でチェック 老眼との違いも知りたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは

加齢による白内障はよく老眼と

間違えやすいが、いくつかの違いの

ポイントがあります。

 

早期発見のポイントをチェックして

行きましょう。

 

スポンサードリンク



 

白内障の自己診断


 

□ モノがぼやける、かすむ

□ モノが2重3重に見える

□ 視力が急激に低下した

□ 光がまぶしく感じる

□ 暗い所で物が見えにくい

□ 老眼鏡をかけても見えにくい

この中であなたの症状に合うものは

ありませんか?

 

もし、1つでもあったら白内障の可能性

があります。

 

できるだけ早く眼科を受診してください。

 

 

老眼との違い

また、加齢ともに見えにくくなる症状は

老眼と似ていますが、ものがぼやけたり

かすんだりして、視界全体の見え方に

支障が出ることです。

 

そして、老眼のようにピントが合わない

わけではなく老眼鏡でも矯正できなく

全体にもやがかかったように

見えるのが白内障です。

 

ただし、同じ白内障でも水晶体の中心が

濁る核白内障の場合、近視が進んだ状態

になるので、メガネの度数を上げると

見えるようになってしまい白内障の

発見が遅れてしまいます。

 

 

光の感じ方


 

白内障は光に対し敏感になり、極端に

まぶしく感じたり、夜の照明がまぶしく

暗いところが見えにくくなります。

 

昼間でも日差しの下で光が反射して

ものが見えずらくなったりします。

 

光の感じ方で以前と違うと感じたら

白内障の疑いありです、

 

色の感じ方


 

白内障が進んで核の色が褐色になると

色の感じ方が変わります。

回り全体の色が茶色っぽく感じ、汚れ

た感じに見えます。

色に対する感じ方で以前と違うと感じ

たら白内障の疑いありです。

 

スポンサードリンク



 

老眼対策

若さは日常生活から作られるもので、

何か特別なことをしたり、難しい

ことをしなくても、日常生活の習慣を

変えることで若さを保つことができ

老眼の対策にもなるのです。

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

年齢を重ねてからの目の病気には

白内障や老眼のほかに緑内障や

加齢黄斑変性症などあり、いずれも

放置しておくと、失明につながります。

 

40歳を過ぎたら、定期的に眼科検診を

受け、日ごろから目の見え方に注意し

少しでもいつもと違うと感じたら

検査を受けましょう。

 

そして

老眼が始まる時期は体力も低下しています。

さらにストレスも増えてきています。

 

そんな時は目の負担も大きくなっています。

ストレスが原因になっている目の病気も

あります。

 

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病

などの目の病気の原因になります。

 

過労や睡眠不足など体力の低下している

時にも目が疲れやすくなります。

 

全身の健康は目の健康につながります。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。