眼の健康などの視力に関する情報発信

先天と後天、白内障の種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは

白内障には生まれながらの白内障

そして、何らかの原因で白内障に

なる後天性白内障に分けられます。

それぞれについて解説していきます。

 

スポンサードリンク


先天性白内障


 

生まれつき水晶体が濁ってる先天性

白内障。

 

原因として遺伝によるものと

胎児のとき母親が風疹にかかると

白内障になる場合があります。

 

見え方に問題がなければ経過を観察

していきます。

 

状態によって手術を行います。

 

見え方によって成人になるまで手術

をしないこともあるのです。

 

生まれてすぐの赤ちゃんは目の情報を

やり取りする視覚経路がまだ発達できて

いないので、目が見えにくいと目の発達

がうまくいかないのです。

 

視覚は8歳までに完成するので、

それまで目が見えない状態だと

視覚が発達せず、視力が弱くなってし

まいます。

 

そこで、赤ちゃんの目の手術は

一か月以内に行う必要があります。

 

赤ちゃんの目の治療は早めに行い

一刻も早く目から脳への情報経路を

スムーズになるようにします。

 

 

後天性白内障


 

加齢白内障

ほとんどの後天性白内障がこの加齢

白内障です。

 

80歳を超えてるすべての人は白内障

です。

 

併発白内障

ほかの病気が原因で引き起こされるのが

併発性白内障です。

 

糖尿病性白内障

糖尿病が原因で起こる白内障です。

 

糖尿病の人は水晶体の中に

ソルビトールという糖の一種が

蓄積して、白内障を発症することが

あります。

 

アトピー性白内障

顔にアトピーがあることが原因で

起こる白内障です。

外傷性白内障

目にケガをしたことが原因で起こる

白内障です。

 

テニスや野球のボールが目にぶつか

たように、強く打撲したとき、

水晶体が傷ついて、白内障を発症

することがあります。

 

薬剤性白内障

ほかの病気のために用いた薬剤が原因

で起こる白内障です。

 

最も多いのがステロイド剤による白内障

です。

 

アレルギーなどの治療に使われ、

長い間使い続けると白内障を引き起こす

と言われています。

 

スポンサードリンク



 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
白内障には先天性白内障と

後天性白内障があるのですね。

 

後天性白内障で最も多いのが

加齢によるものなのです。

 

歳を取ってくると体力も低下しています。

さらにストレスも増えてきています。

 

そんな時は目の負担も大きくなっています。

ストレスが原因になっている目の病気も

あります。

 

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病

などの目の病気の原因になります。

 

過労や睡眠不足など体力の低下している

時にも目が疲れやすくなります。

 

全身の健康は目の健康につながります。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。