眼の健康などの視力に関する情報発信

コンタクトレンズのケア用品はどれを選んだらいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは

ドラックストアに行くとコンタクト

レンズ用のケア用品がたくさん並んで

いて、どれを選んだらいいか迷って

しまいますよね。

 

そこで今回はコンタクトレンズのケア

用品について見てきます。

 

スポンサードリンク



 

洗浄と消毒

涙には外側から、油の層、ミネラルの

水の層、タンパク質の層となっています。

 

油は水を蒸発させないため

タンパク質は涙が目の表面に広がる

ようになっています。

 

目が乾くと油とミネラル、タンパク質が

そのままレンズに残ってしまいます。

 

これがコンタクトレンズの汚れです。

これらを除去するのが洗浄

そしてここに微生物がタンパク質を

餌にして繁殖してしまいます。

 

それを除去するのが消毒です。

つけおきとこすり洗い

こすり洗いの商品は洗浄成分と

消毒成分が入っていて汚れと微生物を

減らすことが目的です。

 

付け置き用の商品は洗浄成分がはいって

いないため、消毒液で微生物を殺すこと

が目的です。

 

ケア用品はどれくらい持つ?

ケア用品を開封したら、明かりを避け

常温で約3か月くらいまで使用が可能

です。

 

ソフトレンズ用の360mlのケア用品で

2日に一回コンタクトレンズを使うと

3か月で使い切るようになっています。

 

レンズケースの交換

使い捨てコンタクトやハードコンタク

トのレンズケース。

 

みなさんはどれくらいの期間で交換し

ていますか?

 

ついつい、

ず?っと使い続けている人も少なくな

いのではないでしょうか?

いったいどれくらいの期間で交換する

のが最適なんでしょうか?

 

レンズケースも交換する時期があり

使っているうちに微生物や汚れが蓄積

されているのです

 

そこで、3か月に一回交換を勧め

られています。

 

スポンサードリンク



 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s 今回はコンタクトレンズのケア用品

についてみてきました。

 

目を酷使する生活習慣を改善しないと、

目の老化が早まってしまいます。

 

さらに、症状は目だけではなく、全身の

不調を招いてしまいます。

 

つまり、目を酷使する生活を続けると

やがて、目の老化が全身の老化につなが

るということなのです。

 

全身のアンチエイジングは目の老化防止

につながります。

 

全身が若い人は目も若いのです。

 

老化のスピードを遅らせる生活習慣を実践し

きちとケアしていくことで、加齢による

老化現象を遅らせてくれます。

 

それによって目の老化も遅れてくれます。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。