眼の健康などの視力に関する情報発信

目が乾く!!目が乾きにくいコンタクトレンズとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

今回は目が乾きにくいレンズについ

てです。

 

ハードレンズは水分の含有量が0のため

涙が吸収されることはないのです。

 

しかし、ソフトレンズは水分を含んで

いるので、涙が吸収されてしまいます。

 

つまり、目が乾きにくいレンズはハード

レンズでしょうか、解説していきます。

 

スポンサードリンク



 

レンズが涙を吸収

ハードレンズでもコーティングされた

ものは、レンズの表面を水っぽくして

レンズの表面から涙が逃げていかない

のです。

 

一方のソフトレンズの場合、その水分量

が多いものほどレンズが乾きやすい。

 

それは、レンズが水分を含みやすいように

スペースが広いから、涙を吸収してしまう

のです。・

 

 

イオン性のレンズ

イオン性のレンズの生態適合性が良いと言わ

れている。それは、涙の構造にあります。

 

涙は、外側から油の層、水の層、タンパク質

の層になっています。

 

油は水を蒸発させないために

タンパク質は目から涙が落ちないように目の

表面に広がります。

 

水は表面張力によって丸くなろうとします

丸くなると目から涙が落ちてしまいます。

 

そうならないために、タンパク質が広がっ

て、水が丸くならないようにしています。

 

そして、イオン性のレンズはレンズン表面

がタンパク質とくっつくように電気的性質が

あるので涙がレンズの上に均等に広がります。

 

しかし、非イオン性のレンズの場合は電気的

性質がないので、タンパク質が広がらない

ため、涙も均等には広がらないのです。

 
スポンサードリンク



 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s 今回は目が乾きにくいレンズについて

みてきました。

 

目を酷使する生活習慣を改善しないと、

目の老化が早まってしまいます。

 

さらに、症状は目だけではなく、全身の

不調を招いてしまいます。

 

つまり、目を酷使する生活を続けると

やがて、目の老化が全身の老化につなが

るということなのです。

 

全身のアンチエイジングは目の老化防止

につながります。

 

全身が若い人は目も若いのです。

 

老化のスピードを遅らせる生活習慣を実践し

きちとケアしていくことで、加齢による

老化現象を遅らせてくれます。

 

それによって目の老化も遅れてくれます。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。