眼の健康などの視力に関する情報発信

丈夫なコンタクトレンズを選ぶポイントは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは

今回は、「丈夫なレンズについて」

です。

コンタクトレンズはハード、ソフト

とも、酸素を通しやすいレンズは

酸素を通しにくいレンズに比べると

割れやすい

破れやすい

耐久性が悪い

といえます。

詳しく解説していきます。

ハードレンズ

酸素を通しにくい素材は、分子と分子の

結合力が強いのです。

そこで、ケイ素やフッ素を混ぜて酸素の

いるのです。

酸素の通り道を作ることで分子同士の

結合を弱くしているのです。

それで、割れやすくなってしまうのです。

酸素を通す素材をガス透過性レンズ、

RGPレンズ、O2レンズなどと呼ばれて

いるが、すべて同じ意味です。

現在は酸素を通さないレンズは販売され

ていないから、すべてのレンズが酸素透

過性レンズです。

つまり、それぞれの商品の透過性の性能が

違うだけです。

ソフトレンズ

ソフトレンズも酸素を通しやすいレンズの

ほうが破れやすいです。

ソフトレンズは水分が含まれているが、

水分をたくさん吸収できるように分子と

分子の間を広くしている。

水に溶け込んだ酸素を利用して、目が

呼吸できる仕組みになっています。

それで、水分量の多いレンズのほうが

素材の分子間の結びつきが弱いという

ことです。

スポンサードリンク



 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
今回は丈夫なレンズについて

見てきました。

丈夫なレンズを選ぶポイントは酸素の

透過性の高いものより酸素の透過性の

低いものを選ぶことです。

そこで厚みのあるレンズを選びましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。