眼の健康などの視力に関する情報発信

遠視と老眼の眼鏡の違い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは

遠視用の眼鏡と

老眼用の眼鏡は同じ凸レンズですが

同じ眼鏡でいいのでしょうか?

 

また、遠視と老眼の違いを解説

していきます。

 

スポンサードリンク


虫眼鏡

虫眼鏡も老眼鏡も遠視用の眼鏡も

同じ凸レンズです。

 

そして、目の中のレンズも凸レンズです。

目がいい人は、近くを見るときに

筋肉を使います。

 

その力で目の中のレンズの大きさを変えて

います。

 

この筋肉の衰えが老眼です。

だから老眼鏡という虫眼鏡を使います・。

 

遠視の場合は遠くを見るときに

虫眼鏡を使います。

 

 

遠視と老眼の違い

遠視と老眼は違います。

 

遠視は遠方を見ているときに網膜の

後ろで結像してしまいます、

 

老眼の場合は近くを見ているときに

網膜よりも後ろで結像しますが、

この時に、目の中の水晶体でピント

合わせをします。

 

若いときは水晶体が柔らかいために調整が

大きいが、歳をとると固く老眼鏡の助けを

借りないと見えません。

 

同じ凸レンズを使いますが、目の働きが違います。

 

 

スポンサードリンク



 

老眼対策

若さは日常生活から作られるもので、

何か特別なことをしたり、難しい

ことをしなくても、日常生活の習慣を

変えることで若さを保つことができ

老眼の対策にもなるのです。

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s 今回は遠視と老眼の眼鏡についてみてきました。

 

目を酷使する生活習慣を改善しないと、

目の老化が早まってしまいます。

 

さらに、症状は目だけではなく、全身の

不調を招いてしまいます。

 

つまり、目を酷使する生活を続けると

やがて、目の老化が全身の老化につなが

るということなのです。

 

全身のアンチエイジングは目の老化防止

につながります。

 

全身が若い人は目も若いのです。

 

老化のスピードを遅らせる生活習慣を実践し

きちとケアしていくことで、加齢による

老化現象を遅らせてくれます。

 

それによって目の老化も遅れてくれます。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。