眼の健康などの視力に関する情報発信

老眼に効果あり、ケルセチンと ビタミンB

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

こんにちは!!
目の老化の予防には、食生活を

見直してみる必要があります。

 

医食同源というように、口から入る

食べ物は、体に一番影響します。

 

そこで今回は目にいいケルセチンと

ビタミンBについて解説

します。

 

スポンサードリンク


ケルセチン


ケルセチンはビタミンPとも呼ばれ

強い抗酸化作用がある、ポリフェ

ノールです。

 

目の若返りに期待できます。

 

また紫外線から目を守ってくれます。

 

そのうえ、血液をサラサラにし血流を

よくする働きがあり、老眼の予防

疲れ目の予防、また全身の生活習慣

病の予防にも効果があります。

 

ケルセチンはリンゴ、ミカン、ブドウ

などの果物、

キャベツ、にんにく、ホウレンソウ

玉ねぎの外側の茶色い部分にも

多く含まれています。

 

 

ビタミンB群


ビタミンB群の中のB1、B2、B6、B12

が注目されています。

 

主な効果は目の疲労回復です。

 

ビタミンB1が不足すると疲れやすく

なります。

 

しっかし摂取してください、

ビタミンB1は玄米や胚芽米などの

雑穀や豚肉などに含まれます。

 

ビタミンB2は脂肪の代謝を助ける働きが

あります。

 

脂肪は皮膚や粘膜のもとなのでビタミンB2

ををとることで角膜や網膜の健康を守ります。

 

目の充血の解消や見えやすさの維持などの

働きがあります。

 

ビタミンB2は卵、納豆、レバーなどに多く

含まれています。

 

ビタミンB6はたんぱく質や脂質の代謝を

促します。

 

水晶体の毛様体筋の主な成分はたんぱく質

で,その代謝を助ける働きがあるので

老眼の予防には欠かせません。

 

ビタミンB12 は血を作る働きがあります。

目に十分な酸素と栄養を運んでいます。

さらに視神経などの情報伝達をスムーズに

します。

 

ビタミンB12はレバーや魚介類、牛乳

などに多く含まれています。

 

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

目の調子が気になり始めたら、

ケルセチン・ビタミンBを

意識的に摂りましょう。

 

 

 

 

老眼が始まる時期は体力も低下しています。

さらにストレスも増えてきています。

 

そんな時は目の負担も大きくなっています。

ストレスが原因になっている目の病気も

あります。

 

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病

などの目の病気の原因になります。

 

過労や睡眠不足など体力の低下している

時にも目が疲れやすくなります。

 

全身の健康は目の健康につながります。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。