眼の健康などの視力に関する情報発信

老眼以外にも加齢による目の疾患はある、加齢黄斑変性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

 

こんにちは

老眼以外にも、様々な目の疾患が

ある人は大勢いると思います。

 

これらの目の病気や症状は、放置す

ると、視力の低下だけでなく、脳や

体の老化を進め、失明の可能性も

あるのです。

 

そこで今回は加齢黄斑変性について

解説していきます。

スポンサードリンク



 

加齢黄斑変性は


 

加齢黄斑変性は黄斑といいう網膜の中心

にあり、ものを見るとき重要な役目の

ある部位が加齢とともに変性していく

病気です。

 

加齢黄斑変性になると、ものが歪んで

みえたり、中心部がぼやけて見えるなどの

症状がおこります。

 

もし、黄斑の中心の中心窩で変性が起こ

ってしまうと視力は著しく低下して、

失明の可能性も起こってしまいます。

 

加齢黄斑変性の種類

萎縮型

加齢黄斑変性には萎縮型と滲出型

があります。

萎縮型は黄斑の組織が加齢とともに

萎縮することで起こります。

 

症状はゆっくりとした速さで進行し、

急激な視力の低下は起こりません。

 

萎縮型に有効的な治療法は現在はない

ので、治療は経過観察になります。

 

滲出型

網膜の下の脈略膜から網膜に新生血管

ができてしまいます。

 

この新生血管はもろく破れやすいので

すぐに出血したりして黄斑部にむくみが

できてしまいます。

 

それにより、様々な視力障害が引き起こ

されます。

 

治療法は

抗VEGF薬での治療

光線力学療法

レーザー治療

があります。
スポンサードリンク



 

老眼対策

若さは日常生活から作られるもので、

何か特別なことをしたり、難しい

ことをしなくても、日常生活の習慣を

変えることで若さを保つことができ

老眼の対策にもなるのです。

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s 今回は加齢黄斑変性について
みてきました。

 

加齢黄斑変性のリスクをたばこが

高めているのです。

目の健康のためにも禁煙をお進めします。
老眼が始まる時期は体力も低下しています。

さらにストレスも増えてきています。

 

そんな時は目の負担も大きくなっています。

ストレスが原因になっている目の病気も

あります。

 

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病

などの目の病気の原因になります。

 

過労や睡眠不足など体力の低下している

時にも目が疲れやすくなります。

 

全身の健康は目の健康につながります。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。