眼の健康などの視力に関する情報発信

老眼以外にも加齢による目の疾患はある、緑内障

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは

老眼以外にも、様々な目の疾患が

ある人は大勢いると思います。

 

これらの目の病気や症状は、放置す

ると、視力の低下だけでなく、脳や

体の老化を進め、失明の可能性も

あるのです。

 

そこで今回は緑内障について

解説していきます。

スポンサードリンク



 

緑内障は


緑内障は、眼圧が高くなり、視神経が

圧迫され、視野が狭くなるのです。

緑内障は放置すると失明の危険が

ある病気です。

 

日本における中途失明の原因の

一位です。

 

日本人の40歳以上の5%が緑内障

と言われています。

 

しかし、ほとんどの人が自覚症状が

ないのです。

 

眼圧が上がる原因

房水は目の中にある液体で、毛様体で

作られ、角膜と水晶体の間をながれて

います。

 

この房水の生成と排水のバランスが

崩れると、眼圧が上がるのです。

 

そうして、視神経が障害を起こし視野

が欠けるのです。

 

しかし、眼圧が正常な緑内障の患者が

70%もいます。

 

眼圧が正常でも安心はできないのです。

 

 

 

緑内障の治療


緑内障に侵された視神経はもとには

戻すことができないのです。

 

緑内障の治療は眼圧を下げることが

目的で進行を遅らせたり、防止したり

できます。

 

治療法として

薬物治療

レーザー治療

手術

の3つがあります。

 

 

老眼対策

若さは日常生活から作られるもので、

何か特別なことをしたり、難しい

ことをしなくても、日常生活の習慣を

変えることで若さを保つことができ

老眼の対策にもなるのです。

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

老眼が始まる時期は体力も低下しています。

さらにストレスも増えてきています。

 

そんな時は目の負担も大きくなっています。

ストレスが原因になっている目の病気も

あります。

 

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病

などの目の病気の原因になります。

 

過労や睡眠不足など体力の低下している

時にも目が疲れやすくなります。

 

全身の健康は目の健康につながります。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。