眼の健康などの視力に関する情報発信

老眼に効果がある!ビタミンA・C・E

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは!!

目の老化の予防には、食生活を

見直してみる必要があります。

 

医食同源というように、口から入る

食べ物は、体に一番影響します。

 

そこで今回は目にいいビタミンA・

C・Eについて解説します。

 

スポンサードリンク



 

ビタミンA


ビタミンAはものを見るときの明るさ

を維持するために欠かせません。

 

ビタミンAは、網膜にある光を認識する

ロドプシンという物質を作ります。

 

ロドプシンが不足すると、明るいとこ

ろから暗い所へ入ったとき、見える

ようになるのに時間がかかります。

 

ビタミンAは粘膜や皮膚を正常に保つ

はたらきがあり、角膜や網膜を維持する

ために必要な栄養素です。

 

逆に摂りすぎると軽度であれば下痢や

頭痛、嘔吐、発熱などの食中毒症状が

起こることもあります。

重度であれば倦怠感や皮膚障害が引き起

こされます。

ビタミンAは鶏レバー、うなぎ、にんじん

卵黄、ホウレンソウ、小松菜

などに多く含まれています。

 

 

ビタミンC


 

加齢によって水晶体もだんだんと白く濁っ

てきます。

 

ビタミンCは水晶体の透明度を保つ働きが

あります。

 

また、ビタミンCは粘膜を強くします。

ビタミンCはストレスや飲酒、喫煙な

どでも大量に失ってしまいます。

 

飲酒や喫煙の習慣のある人は意識して

たくさん摂りましょう。

 

しかし、ビタミンCは水溶性で尿と一緒

に排出されてしまうので、こまめにとり

ましょう。

 

その他の作用として

・ビタミンEの再生
・血圧やコレステロール値の正常化
・メラニン色素を作り出すチロシンの抑制
・鉄分などミネラルの吸収を助ける

ビタミンCはピーマン、ブロッコリー

柑橘類、イチゴ、アセロラ、パプリカ

などに多く含まれています。

 

スポンサードリンク


ビタミンE


 

ビタミンEは毛細血管の血流をよくします。

 

ビタミンEはトコフェロールとも呼ばれる

脂溶性のビタミンで、主に油脂類に含まれ

ており、若返りのビタミンとも呼ばれてい

ます。

 

ビタミンEはアーモンドなどのナッツ類

アボカド、サケ、イワシ、カボチャ

などに多く含まれています。

 

また、ビタミンCと一緒に摂ると

抗酸化作用が高まります。

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

目の調子が気になり始めたら、

ビタミンA・C・Eを意識的に摂りましょう。

 

抗酸化作用が強い栄養素ですので、目に

とって、酸化を抑えることは特に重要です。

 

 

 

老眼が始まる時期は体力も低下しています。

さらにストレスも増えてきています。

 

そんな時は目の負担も大きくなっています。

ストレスが原因になっている目の病気も

あります。

 

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病

などの目の病気の原因になります。

 

過労や睡眠不足など体力の低下している

時にも目が疲れやすくなります。

 

全身の健康は目の健康につながります。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。