眼の健康などの視力に関する情報発信

老眼以外にも加齢による目の疾患はある、白内障

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは

老眼以外にも、様々な目の疾患が

ある人は大勢いると思います。

 

これらの目の病気や症状は、放置す

ると、視力の低下だけでなく、脳や

体の老化を進め、失明の可能性も

あるのです。

 

そこで今回は白内障について

解説していきます。

スポンサードリンク



 

白内障は

水晶体が白く濁ることです。

 

水晶体は、カメラでいうとレンズに

当たります。

 

本当なら透明です。

外から入ってくる光を集め、ピント

合わせます。

 

しかし、水晶体が濁ってしまうと

外からの光が十分に入ってこなくなり、

水晶体の中で乱反射を起こしてしまい

ます。

 

その結果、視界がかすむ、物が二重に

見える、光がまぶしい、暗いところで

見えにくいなどの症状が起こります。

 

80代になるとほとんどの人は加齢

白内障です。

 

加齢白内障はゆっくりと進行するので

視力の低下になかなか実感できません。

 

白く濁る原因


水晶体が白く濁るのは、水晶体の中の

たんぱく質が変性を起こすためです。

主な原因は加齢です。

 

または、酸化ストレスが原因のことや

紫外線の影響やステロイド薬による

薬の副作用、アトピーや糖尿病など

が原因のものもあります。

 

白内障は老化現象


白内障は老化現象なので、完全に防ぐ

事はできません。

 

白内障による水晶体の濁りは一度濁ると

元には戻らないので、早めの対処が必要

になってきます。

 

しかし白内障の進行は完全に止められない

が、薬で進行を遅らせることはできます。

 

白内障の手術


白内障は珍しい病気ではないです。

 

手術もほかの病気がない場合は日帰りも

可能です。

 

気軽に受けられるので、日常生活に支障が

出てきたら手術を受けましょう。

 

 

 

老眼対策

若さは日常生活から作られるもので、

何か特別なことをしたり、難しい

ことをしなくても、日常生活の習慣を

変えることで若さを保つことができ

老眼の対策にもなるのです。

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

老眼が始まる時期は体力も低下しています。

さらにストレスも増えてきています。

 

そんな時は目の負担も大きくなっています。

ストレスが原因になっている目の病気も

あります。

 

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病

などの目の病気の原因になります。

 

過労や睡眠不足など体力の低下している

時にも目が疲れやすくなります。

 

全身の健康は目の健康につながります。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。