眼の健康などの視力に関する情報発信

ブルーライトが目に悪影響を及ぼす、その根拠とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは!!

今回はブルーライトです。

 

ブルーライトは人の目が見ることが

できる光の中で、波長が短く、エネ

ルギーが強いものです。

 

ブルーライトは悪いものとして、

よくパソコンやスマホから発せられる

光のことだけと思いがちですが、

ブルーライトは、太陽の光や蛍光灯

などの部屋の明かりにも含まれます。

 

ではなぜブルーライトは悪者になって

いるのでしょう。

 

どういうことか解説していきます。

スポンサードリンク


ブルーライトとは


スマホやパソコン、テレビなどから

発せられるブルーライトが問題なの

です。

 

太陽の光や部屋の明かりをずっと見る

ことはないですよね。

 

しかし、スマホやパソコンは長時間、

見続けてしまうから問題なのです。

 

ブルーライトを目に浴び続けると、

目や体に大きな負担をかけてしまう

ことになります。

 

そして、ブルーライトは、紫外線と

違い、角膜や水晶体を通り抜けて、

網膜まで届いてしまうのです。

 

網膜まで届いた光は、網膜の中心に

ある黄斑を傷つけてしまい、加齢黄

斑変性の原因になります。

 

さらに、ブルーライトは波長が短いので

ものに当たると散乱してちらつきの原因

になり、毛様体筋の負担が大きくなって

来ます。

 

そうなると目は酷使され、眼精疲労や

目の痛みが引き起こされます。

 

 

体の不調


ブルーライトはホルモンにも影響を与え

てしまい、睡眠のリズムが狂ってしまう

のです。

 

それだけでなく、慢性的な疲労につなが

り、体の不調が起きてきます。

 

頭痛や肩こり、夜なかなか眠れない

全身がだるい、などの症状のある人は

目からきている可能性があります。

 

 

VDT症候群


同じ姿勢で長時間、スマホやパソコンの

画面を見続けると、目を含め全身の疲労

につながり、精神状態まで悪化させて

しまうのです。

 
これを<strong>VDT症候群と</strong>いい、目に関する
症状として、スマホ老眼という状態が

起きてしまうのです。

 

スポンサードリンク



 

スマホ老眼は

スマホ老眼は目のピントを合わせる

毛様体筋を酷使しすぎて、目の調節

機能にトラブルが起きることです。

 

目が近くを見たり、遠くを見たりするとき

毛様体筋が伸び縮みして、水晶体の

厚みを変え光の屈折を調節しています。

 

遠くを見るときは毛様体筋が緩んで

水晶体が薄くなります。

 

また、近くを見るときは、毛様体筋が

緊張して水晶体が厚くなります。

 

この働きは加齢によりスムーズに

働かなくなります。

 

これが老眼です。

 

それがスマホ使い過ぎにより、若い人

たちにも老眼を似た症状が起こるのが

スマホ老眼です。

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s 今回はブルーライトについてみてきました。

 

目を酷使する生活習慣を改善しないと、

目の老化が早まってしまいます。

 

さらに、症状は目だけではなく、全身の

不調を招いてしまいます。

 

つまり、目を酷使する生活を続けると

やがて、目の老化が全身の老化につなが

るということなのです。

 

全身のアンチエイジングは目の老化防止

につながります。

 

全身が若い人は目も若いのです。

 

老化のスピードを遅らせる生活習慣を実践し

きちとケアしていくことで、加齢による

老化現象を遅らせてくれます。

 

それによって目の老化も遅れてくれます。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。