眼の健康などの視力に関する情報発信

知っているようで知らない老眼の仕組み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

そもそも老眼とはどういう状態の

ことなのでしょう。

スポンサードリンク



 

水晶体

老眼は水晶体が加齢によって硬く

なることによって起こります。

 

目の表面には角膜というレンズが

あります。

 

その奥にピントを合わせる役目の

水晶体があります。

 

目から入ってきた光は角膜と水晶体

を通って、網膜に映像として映し出さ

れます。

 

その映像の情報が視神経を通って脳に

伝わり、ものを認識することができる

のです。

 

このとき、映像のピントを合わせる役目

が、水晶体とその周りの毛様体筋です。

 

 

毛様体筋

水晶体は、近くを見るときは厚くなり

遠くを見るときは薄くなります。

 

このように水晶体の厚みを調節してい

るのが毛様体筋です。

 

毛様体筋が伸びたり縮んだりして

水晶体の厚みをコントロールし、

ものが鮮明に見えるのです。

 

 

年齢

年齢を重ねるにつれて水晶体は硬く

なってきます。

 

水晶体が硬くなれば、毛様体筋が

いくら頑張って伸び縮みしても、水晶体

の厚さを変えることはできなくなります。

 

老眼になったと実感するのは近くのものを

見るときですね。

 

加齢が進むとこのように近くのものが見え

にくくなるのが老眼です。

 

 

近視

近視の人は老眼にならないといわれますが

しかしこれは間違いです。

 

近視や遠視、乱視は主に角膜や水晶体での

屈折異常です。

 

屈折異常は、眼球から入ってきた光が角膜や

水晶体で屈折し、網膜でピントが合うとき

その屈折率に異常がある状態です。

 

その近視はもともと近くのものにピントが

あった状態なので、水晶体の厚さを変えない

で近くは見えるので、老眼を自覚しにくいのです。

 

つまり、屈折異常の近視があっても、加齢と

ともに確実にピントの調節機能は低下して

行くのです。

 

スポンサードリンク



 

老眼対策

若さは日常生活から作られるもので、

何か特別なことをしたり、難しい

ことをしなくても、日常生活の習慣を

変えることで若さを保つことができ

老眼の対策にもなるのです。

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

老眼が始まる時期は体力も低下しています。

さらにストレスも増えてきています。

 

そんな時は目の負担も大きくなっています。

ストレスが原因になっている目の病気も

あります。

 

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病
hit
などの目の病気の原因になります。

 

過労や睡眠不足など体力の低下している

時にも目が疲れやすくなります。

 

全身の健康は目の健康につながります。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。