眼の健康などの視力に関する情報発信

体の疲れ、目の疲れ、睡眠不足やストレスでスマホ老眼の原因に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは

疲れているよう見られたり

寝不足?などと人にいわれて驚いたこ

とありませんか?

 

見た目で判断されるポイントは目でしょう

目は全身の症状が出やすいのです。

 

体の疲れは目にわかりやすく表れます。

 

体が疲れると、全身の血行が悪くなり

細かい血管が入り込んでいる目に症状が

表れるのです。

 

目はたくさんの血液を必要とするので

寝不足などで血行が悪くなれば、目の

ピントも合わなくなります。

 

この目のピントを合わせているのが

自律神経の働きによるものです。

 

スポンサードリンク



 

自律神経

 

自律神経は、自分の意志とは無関係に、

刺激や情報に反応して、体の機能をコン

トロールしているのです。

 

呼吸をする、内臓を動かす、血液を流す

栄養を吸収する、老廃物の排出

など自律神経が調節しています。

 

目の中では、ピント調節のために

毛様体筋がはたらいています。

 

毛様体筋は手足の筋肉のように自分

の意志で動かすことができないのです。

 

そのため、毛様体筋は休みなく働いて

目の疲れを感じても、休ませてあげら

れません。

 

自律神経のバランス


交感神経は緊張したり、活発に動いた

時に働き、

副交感神経はリラックスしたときに働き

ます。

 

自律神経はこの二つの機能で成り立って

いるのです。

 

スマホやパソコンなどで目を酷使する現代

人の目は常に緊張状態になります。

 

そして交感神経の状態が長すぎるため、

自律神経のバランスは崩れてしまいます。

 

この状態が原因で自律神経に調節された

毛様体筋もパランスを崩してしまいます。

 

それで、目はますますピントが合わなく

なってしまいます。

 

自律神経は睡眠不足やストレスなどでバラ

ンスが崩れやすく、目にも症状が出るのです。

 

 

スマホ老眼は


スマホ老眼は目のピントを合わせる

毛様体筋を酷使しすぎて、目の調節

機能にトラブルが起きることです。

 

目が近くを見たり、遠くを見たりするとき

毛様体筋が伸び縮みして、水晶体の

厚みを変え光の屈折を調節しています。

 

遠くを見るときは毛様体筋が緩んで

水晶体が薄くなります。

 

また、近くを見るときは、毛様体筋が

緊張して水晶体が厚くなります。

 

この働きは加齢によりスムーズに

働かなくなります。

 

これが老眼です。

 

それがスマホ使い過ぎにより、若い人

たちにも老眼を似た症状が起こるのが

スマホ老眼です。

 

 

 

まとめ

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s
 

ストレスが原因になっている目の病気も

あります。

 

また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病

などの目の病気の原因になります。

 

過労や睡眠不足など体力の低下している

時にも目が疲れやすくなります。

 

全身の健康は目の健康につながります。

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly



スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。